迷宮の子/蝉川夏哉

作者 カドカワBOOKS公式

こだわりのある迷宮奇譚

  • ★★★ Excellent!!!

 最初は難解語の羅列にびっくりするものの、さすがはお上手。
 しっかりとスラスラと読めます。
 <愚帝の霊廟>から主人公の狗使いはヒロインと共に脱出を計画し、実行に移してから段々とスピードが上がっていきます。
 迷宮の細部や使用する道具にまでこなれた描写があり、怪物が顕現する前の出現する靄など臨場感たっぷりです。
 かつての仲間たちは皆、脱出に失敗。迫りくる大人たちの追跡から逃れ、無事に地上を辿りつけるのか。
 バターたっぷりの麦粥が貴重でなくなる日がくるのか。
 楽しみに待ってます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七色春日さんの他のおすすめレビュー 32