迷宮の子/蝉川夏哉

作者 カドカワBOOKS公式

薄暗く、血生臭い。

  • ★★★ Excellent!!!

ダンジョンモノ。
そう書くとなんだか軽いもののように感じてしまうのは、最近そういうものが多いからだろうか。
とにかく。
これは中々薄暗い物語である。
所々に笑えるシーンが、ない。基本シリアス。ずっとシリアス。
肺を鷲掴みにされて、胃を握りつぶされてしまったような緊張感が、この作品を読んでいる間漂っている。
これは面白い。
まだ途中までしか読めていないが、最後まで読んでいきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

空伏空人さんの他のおすすめレビュー 18