真譚・妖怪小町

作者 寝暗幻想曲

遥か未来のあやかし草子

  • ★★ Very Good!!

本作は近未来でありながら、どこか平安風の要素をちりばめた斬新な世界観が特徴です。式や妖怪、戦闘の仕組みなども深く作りこまれ、読めば読むほど味があります。特に陰陽道の五行などを組み入れたバトルは奥深いもので、自然現象さえ揺るがす熾烈な戦いの描写と、道臣の『曲解』を多用した奇策には息を呑みました。
鬼の式が緩んだ理由、道臣とそのもふもふなヒロイン久咲の過去、そして百鬼夜行の主の正体。これから先も目が離せません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

伏見七尾さんの他のおすすめレビュー 34