生々しい、淡々とした、怪奇譚(たまにえぐい)

短編集ですが、しばしば淡々とした調子から「私」が怪奇体験に馴れてしまっていることが伺えます。

そこがまた恐ろしい。

怪奇も怖い、そしてそれに馴れてしまって受け入れてしまっている「私」のことを思うと、それはそれで怖い。

それでもつい読み進めてしまう、魅力的な恐怖小話集です。

その他のおすすめレビュー

青村司さんの他のおすすめレビュー163