【完結】放課後の女怪盗

作者 結月 花

81

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

個人的に好きな作家様で、今まではシリアス寄りの恋愛を書いていらっしゃいましたが。
今回はまさかのラブコメ。
しかも、今までとは違う作者様らしさを出しつつ、だけど本質は作者様らしい素晴らしい作品に仕上げて参りました!

ヒロインである小学校一年の教師、浅雛あかりは、両親の帰りが遅い子供の家に忍び込んでは、子供達の寂しい時間を奪う、ぴよぴよ仮面として影ながら活動していたのですが。
ある日、子供の家から出て行く所を警察官に見られてしまう。
そこはうまくまいたあかりだったが、なんとその警官は家の隣に引っ越してきた人だった!

彼の名は一ノ瀬雅臣。
真面目を絵に描いたような、しかし優しい彼。
しかし、ぴよぴよ仮面としての姿を見られるわけにはいかない。
だからこそ、彼の警官としてのスケジュールを把握し、姿がばれないよう行動しようと、あかりは色々な手で彼とお近づきになろうとするのだが……。

と、出だしは互いに隣人の距離感ではあるものの、本気の恋ではない別の思惑で近づいたあかりにより、色々あって。
そうしたら学校の子供達にも色々あって。
とにかく色々波乱が起きる中で。二人の立場や関係性も相成って、色々あんな事やこんな事になる、色々尽くしの一作です。

ネタバレしないように語る難しさはありますが、ただのラブコメだけに終わらないのがまた凄い。

あかりが小学校の教師という立場から経験する、ある意味リアルな現代でも起こっている問題だったり。
ぴよぴよ仮面は言わば不法侵入者でもあるので、警官にばれてはいけない立場の枷もあり。

二人の距離とは対照的に、とにかく多くの問題が生まれる中、それをどう乗り越えていくかという人間ドラマ性。

そして勿論、ラブコメ作品であり、恋愛作品でもある本作として重要な、男女の心情の変化なんかを見事に描きつつ、しかし描写を濃すぎないようにし、一人称らしさを活かした読み… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

普段と全く違う一面を持つ女性は、魅力的に映るといいますね。
こちらのお話の主人公である女性、浅雛あかり先生。
そう、彼女は小学校の先生なのです。
そんな彼女の、もう一つの姿。
それは親の帰りが遅い生徒の家に侵入し、寂しい子供の時間を盗んでしまう怪盗ぴよぴよ仮面だということ。
そんな彼女のお隣に引っ越してきたのが、怪盗とは相反する存在である警察官。
違う一面など持たない、真っ直ぐな心と正義感を持ち合わせた一ノ瀬雅臣だったのです。
正体が明らかにされる前に、そして怪盗の仕事を続けるために、一ノ瀬の行動を把握せんと行動するうちにあかりは、いえ、二人は次第に互いを意識していきます。
近づけば近づくほど、知れば知るほど惹かれていくというのに。
怪盗と警察官という立場が彼女の心を苦しめていくのです。

そんな二人がどうなっていくのか?
彼は、彼女はどんな決断と思いを相手に向け、伝えていこうとするのか?

その答えを是非、あなたにも見届けてほしいのです。

★★★ Excellent!!!

小学校教師の浅雛あかりには、秘密がある。それは夜になると「寂しい子どもの時間を奪う」怪盗、ぴよぴよ仮面に変身すること。

そんなある日、子どもの家のベランダから出入りする所を、警察官一ノ瀬さんに目撃されてしまう。
おまけになんとその人は、彼女の「お隣さん」だった!?

という、怪盗と警察官、禁断の恋が描かれたこちらの作品。

二人の距離が進むたびに、正体がバレるリスクが高まってしまう。けれど、止められない二人の想いに、いろいろな意味でハラハラドキドキしてしまいます!

そして、なんと言っても、ヒロインのあかりさんが可愛い!! 明るく子ども想いで勇敢な彼女に、読者はたちまち心を奪われてしまいます。(さすが怪盗さん)

もちろん、相手役の警察官一ノ瀬さんもとっても素敵です。ヒーローらしくヒロインのピンチに駆けつけ、たくましく守ってくれる彼。
それは、あかりさんも惚れちゃいますよね(笑)

何より二人とも、子ども想いで真面目で社会人として責任感のある人たちなんです。

だからこそ正体がバレてしまった時、二人はどうするのか、どうなってしまうのか……!?
 
是非皆さま、二人の禁断の恋の行く末を見届けて下さい。

★★★ Excellent!!!

小学校の先生・浅雛あかりには、秘密がある。それは、夜になると親の帰りが遅い生徒たちの家に侵入して、子どもたちの「寂しい時間」を盗む、女怪盗――ぴよぴよ仮面になること。
しかし、あるとき子どもたちの家から出ていくところを、一人の警察官に見られてしまう。しかも、その警察官・一ノ瀬雅臣は、あかりの家のお隣さんだったことが判明する。

あかりは隣人の目を欺きながら、子どもたちのために怪盗を続けていこうと奮闘するが、次第に一ノ瀬の誠実さに惹かれていき……。

子どもの笑顔を守りたい。そんな優しい願いから生まれた怪盗という存在と、一人の恋する女性としての心が生み出す葛藤が、丹念に描写されています。
あかりと一ノ瀬さんの距離が近づくたびに、こちらにもあかりの揺れる心が伝わってきて、ぴよぴよ仮面が救ってきた子どもたちだけでなく、大人も救われてほしいなと願わずにはいられませんでした。

そんな願いに応えてくれる幸福感や、人と人との繋がりの尊さ、温かさを教えてくれる、とても優しい物語でした。とても面白かったです!

★★★ Excellent!!!

日中は小学校の先生、夜の姿はぴよぴよ仮面──

そんな二重生活を続ける子供思いの優しい教師、あかり先生のお隣さんはまさかまさかの警察官!?
子供の為を思っての行動とはいえ、当然バレたら大変なことになってしまう訳で……?

という訳で、怪盗業を続ける為に警察官の一ノ瀬さんの行動を把握する為に動くあかり先生。そんなあかり先生を少し警戒しつつも、その人柄に惹かれていく一ノ瀬さん。

さて、あかり先生がどうしてそうまでして怪盗業を続けるのだろうかと疑問に思う方も居るだろう。それについて語りたいところではあるが、それはどうか本作品を読んで知って頂きたいところなのだ。そうすればなぜ、一ノ瀬さんが彼女に惹かれていくのかも理解出来るはずだ。

そして警官・一ノ瀬さんの活躍にも是非目を向けて頂きたい。マジでイイ男なので……これはあかり先生も惚れますって。

けれどもどうかお忘れなく。
──この二人は怪盗と警官という相反する存在ということを。

そんな二人はどんな結末を迎えるのか?
貴方にもその結末を見届けて欲しいのです。

★★★ Excellent!!!

私はぴよぴよ仮面!!子供たちのために時間を盗む怪盗、そして小学校の先生!!
そんな掛け持ちの中、なんと隣の部屋にはあの警察官が住んでいた!!

という冒頭から始まるこの本作。
すれ違いもののラブコメテイストも入りつつ、社会性を風刺した問題も数多く出て来て、現代ならではの物議に唸ってしまうストーリーとなっています。

またとても読みやすく、すらすらと描写も思い浮かべることも出来て、そこがこの作者さまの素晴らしい持ち味だなーといつも思ってしまいます。

そして恋愛描写もすっごくキュンしてドキドキしてしまう本作。
舞台は主人公のあかり先生が働いている小学校をメインに話が進んでいきます。そこからなぜあかり先生が子供の時間を盗むという怪盗を始めたのかも語られ、その純粋で、子供を思う優しいあかり先生の人柄がとても魅力的に感じられます。

そしてヒーローとなる警察官の一ノ瀬さんもとってもかっこよくたくましく、それにとっても優しく、後半につれてその甘くかっこいい姿に読者もキュンとなること間違いなし!時には、あかり先生を救ったり、時には子供を救ったり。ほんとに頼りになる硬派で真っすぐな男性です。

怪盗業を行うヒロインと、警察官のヒーロー。
この相反する二人がどうなっていくのか、ハラハラドキドキしながらぜひ皆さまにもこの物語を読んでほしいなと思います。

★★★ Excellent!!!

小学校の教師であるあかり先生の裏の顔は、怪盗ぴよぴよ仮面。子供たちのために素性を隠して怪盗業をしているあかり先生のお隣に、警察官の一ノ瀬氏が引っ越してくるところから物語は始まります。

最初は怪盗業を続けるため、正体がばれないように一ノ瀬さんの行動を把握しようとしていたあかり先生。たいして一ノ瀬さんの方も、最初から何だか距離の近いあかり先生を(ちょっとだけ)警戒していたものの、その人柄に次第に惹かれていくように……。

けれども!この作品のみどころは、何と言っても怪盗と警察。この真逆の職業カップルですね。バレれば逮捕されちゃうし、逮捕しようとしても相手は心を寄せる女性…という葛藤が読者を悶々とさせます。あぁーんもう!どうなるの!?って感じでね。
なのでぜひ皆さんも一緒に二人の危うい関係を楽しみながら、見守ってみて下さい。結論…すっごくおもしろいです!おもしろすぎて、私なんか途中から勝手にコメント狂ってしまいましたが…それくらいキャラに入り込んじゃう。舞台が現代だから余計にリアルさも増してて、恋愛以外の事件(ストーカーとかその他諸々)の恐怖とかも結構ガツンと響いてきます。

警察官と女怪盗の恋の行方はいかに!?
読み終わる頃、あなたのハートはまだそこにあるでしょうか?
もしかしたら盗まれているかもしれません。気をつけて!

★★★ Excellent!!!

 もうキャッチコピーから興味を引かれます。怪盗なのにお隣に警察官が住んでるって、めっちゃハラハラな展開じゃないですか?

 主人公は新米教師のあかり。しかし彼女、なんと放課後は一人で家にいる子供たちの時間を盗む『ぴよぴよ仮面』というもうひとつの顔を持っている。
 そしてそのお隣に越してきたのが、正義感の強い警察官の一ノ瀬さん。実はあかりがぴよぴよ仮面として、とある家から出てきたところで偶然二人は邂逅してしまっていたのでした。

 正体がバレてはまずい……!! と様々な行動に出るあかりですが、それがきっかけで共にお出かけしたり、トラブルに遭遇して解決に乗り出したり——?
 この関係性がまた思わずにこにこしてしまうほどに可愛い。作者様の恋愛の描写はいつも美しいのですが、この作品もまた然り。

 子供たちの周りを取り巻く様々な問題は、現代社会にもあるすぐ隣にありそうな小さな闇で、そこを浮き彫りにしていく様子には息を呑むことも。
 けれど、二人はそのひとつひとつにしっかりと寄り添って解決を導き出そうとします。
 甘酸っぱいだけじゃない展開も見ものなのです……!!

 昼は教師、夜は怪盗、そしてお隣さん——背中合わせのようで、その根底の部分では子供たちを必死に守っていこうとしている、そんな二重三重の関係性はこれからどうなっちゃうの〜!?
 バレてほしくないけど、ファンとしては正体を明かしての展開も見たい! なんて、色んなドキドキを毎度味わえちゃうのです。

 実写ドラマになったら確実に毎週追っちゃいますね。観たい。
 読めばあなたもきっと、知らぬ間にこのキュートな怪盗に何か盗まれてしまっているはずです。

★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ面白いです。
連載途中なのにレビュー書いてしまうほど。

キュートな怪盗とイケメン警察官のお話です。
孤独な子供の寂しい時間を盗む『怪盗ぴよぴよ仮面』。その正体は、子供思いの小学校教師・あかり。
法や規律や世間体の下では守り切れない子供たちを、犯罪ギリギリアウト気味の危険を冒して守る、心優しき正義の味方です。
そんなぴよぴよ仮面の姿を、お隣の警察官・一ノ瀬に目撃されてしまったところから、物語は始まります。

あかりさんと一ノ瀬さん。この二人の関係には、三つの側面があります。
教師と警察官。
怪盗と警察官。
そして、女と男。
彼にバレずに怪盗を続けるためのアプローチが、恋愛的なアプローチに繋がってしまったり。
共にそれぞれの職務で子供たちの問題に関わっていくうち、信頼関係が生まれたり。
それらが非常にテンポ良く描かれており、読む手が止まりません。

個人的に良いなと思うのは、あかりさんも一ノ瀬さんも、トラブルを抱える子供たちに寄り添う姿勢が真摯で素晴らしいということ。
社会的責任を負う大人として、二人ともそれぞれすごく魅力的で、読めば読むほど好きになってしまいます。

子供の関わる事件は決して軽くはありませんが、軽妙なラブコメ要素のおかげで物語のトーンが重くなりすぎずに、痛快かつ心温まるドラマに仕上がっています。
また、作者さまの得意とする恋愛展開もさすがの一言。二人の仲は進展してほしいんですが、正体はバレずにいてほしい。そのバランスが最高に巧いです。

毎回の更新をとても楽しみにしています。
もっと多くの人に読まれるといいなと思います。