僕の事が大好きな君へ。

作者 書峰颯

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全36話

更新

  1. 第一章 週末恋人
  2. 第一話 週末だけ恋人であっても、そこには本物の愛がある。
  3. 第二話 どんな理由があったにしても、許せないし許すしかない相手がいる。
  4. 第三話 彼女を苦しめたのは俺だ、だから、許すしかないと分かってる。
  5. 第四話 誘惑の言葉はとても魅力的で、僕にはそれが喉から手がでえるくらいに愛しいものだったんだ。
  6. 第五話 遠くから見れば、きっと僕達は幸せなのだと思う。
  7. 第六話 その心を本当に信じてもいいの? 裏切られるのは、耐えられないよ?
  8. 第七話 僕だけに与えられる愛は、密かに大きく、棘を持ったまま大きく育っていく。
  9. 第八話 何が嘘でどれが本当か分からない、けど、俺は彼女を信じる。
  10. 第九話 錯綜する思いは、きっと間違いじゃない。先が行き止まりだとしても。
  11. 第十話 誰が為の努力か、いま分かった気がする。
  12. 第十一話 愛情、暴走。
  13. 第十二話 頭一つ向こうで微笑む彼女は、僕の心を癒し続ける。
  14. 第十三話 真実を打ち明けても、幸せになれるとは限らない。
  15. 第十四話 最低の告白
  16. 第十五話 哀、愛と共に。
  17. 第十六話 全てに清算を付けたはずなのに。
  18. 第二章 真実までの道程
  19. 閑話――一年二組のクラスメイト――
  20. 第十七話 人が変わった彼女は、まるで別人だった。
  21. 第十八話 許されない失敗に、間違った判断。
  22. 第十九話 全てが嘘だったなら、嘘で返してもいいよね?
  23. 第二十話 無理、優しすぎて、幸せ過ぎて。
  24. 第二十一話 嘘を知るもの同士が仲良く見えるのは、別の繋がりがあるからだ。
  25. 第二十二話 亡失とは、死に値する言葉だ。
  26. 第二十三話 隠し事は隠したままにして欲しいのに。
  27. 第二十四話 一つの謎が解明されると、また一つ謎が生まれる。
  28. 第二十五話 マジシャンがネタバレをする時と、それは似ている。
  29. 第二十六話 全てはここから始まっていた。
  30. 第二十七話 ……私、本当にバカだ。
  31. 第二十八話 望郷のあの頃に
  32. 第二十九話 真実
  33. 第三十話 悲報
  34. 第三十一話 離婚の理由
  35. 第三十二話 砂岡家
  36. 第三十三話 後悔とワガママ
  37. 第三十四話 決意の朝
  38. 第三十五話 百日後