分倍河原の戦い ~新田義貞の鎌倉攻め、その決戦~

作者 四谷軒

魁  ――さきがけ ――

  • ★★★ Excellent!!!

『その人物がどのように生きたのか』と絵巻物を解くのもよいが、『その人物が何をしたのか』と、点景を見詰めるのも歴史の面白さだ。
陳勝と呉広は楚漢戦争の嚆矢と云えるが、新田義貞は南北争乱の嚆矢だ。本邦ではこの後、戦国、織豊を経て江戸初期まで続く『もののふ』の時代となる。
時代を先駈けた男、新田義貞。
その心意気を感じてみて欲しい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

呪文堂さんの他のおすすめレビュー 111