分倍河原の戦い ~新田義貞の鎌倉攻め、その決戦~

作者 四谷軒

鎌倉末期の分倍河原の戦いを描いた、珍しい短編

  • ★★★ Excellent!!!

鎌倉末期、新田義貞が幕府を倒した分倍河原の戦いを描いた作品。

恥ずかしながら、今更、こんなことがあったんだなぁ、と。
南武線が曰くつきであるという謂れを初めて知りました。
分倍河原の戦いっていうのがあったんですね。

鎌倉時代の終わりを描いた珍しい作品。
短編でも読み応えがありすぎて、長編にしてもいいんじゃないかと。
もったいなく思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

郷ノ上ふみさんの他のおすすめレビュー 244