勇者商売~異世界で大魔王を倒してようやく日本に帰ってきたら江戸時代だった。仕方ないので現地の巫女や妖怪と一緒に鬼退治する~

作者 ここのえ九護

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全138話

更新

  1. 第一部
  2. 第一章 帰れなかった勇者
  3. 勇者、家に帰る
  4. 勇者、巫女と出会う
  5. 勇者、帰れず
  6. 勇者、拾われる
  7. 第二章 勇者と巫女
  8. 神代の凪
  9. 勇者、神様と会う
  10. 勇者商売、始まる
  11. 位を冠する者共
  12. 勇者の青
  13. 勇者は休めず
  14. 第三章 江戸のあやかし
  15. 勇者、あやかしと出会う
  16. あやかし御殿
  17. 勇者の風呂
  18. 勇者の見る夢
  19. 第四章 あやかしは踊る
  20. 夜回りのあやかし
  21. 潜む鬼
  22. 楽を守る狐
  23. 翡翠の鬼
  24. 第五章 勇者の理由
  25. 勇者の銀 巫女の御柱
  26. 勇者の理由
  27. その日々は遠く
  28. 二人の誓い
  29. 命の対価
  30. 第二部
  31. 第一章 お江戸の少年剣士
  32. 勇者、初夏を迎える
  33. 勇者、美少年と出会う
  34. 噂の少年剣士
  35. 鬼を討つ者達
  36. 第二章 美少年の秘密
  37. 必殺の美少年
  38. 少年剣士終了
  39. 勇者は見捨てず
  40. 縁側の勇者
  41. 少年剣士を続ける少女
  42. 第三章 勇者の修行
  43. 鬼は輝きの元に
  44. 弟子になった勇者
  45. 勇者と大魔王
  46. 勇者の初仕事
  47. 第四章 はぐれ鬼の社
  48. 廃寺で猫は眠る
  49. 地獄
  50. その鬼の意味は
  51. 蛇の鬼
  52. 第五章 鬼の見る夢
  53. その剣は一つ
  54. 鬼と猫
  55. 真の黒き闇
  56. 勇者は再び
  57. 第三部
  58. 第一章 江戸城御前試合
  59. 師匠をする美少年
  60. 御前試合に出てみる勇者
  61. 御前試合当日の三人
  62. 悩める美少年
  63. 第二章 勇者、白洲に立つ
  64. 勇者、試合する
  65. 美少年は人を斬れず
  66. 傍にいたかった美少年
  67. 晴れの日の三人
  68. 第三章 三人の誓い
  69. 幕間の三人
  70. 勇者、キレていた
  71. 豆大福の誓い
  72. 勇者は仇
  73. 第四章 御前試合騒乱
  74. 集う小位
  75. 黒曜の四位冠
  76. 武士の頭領
  77. その怒りは誰に
  78. 第五章 勇者の剣
  79. 超勇者
  80. 勇者の挑戦
  81. 勇者の虹 真皇の闇
  82. その勇気の果て
  83. 第六章 救われる者
  84. 届いていた光
  85. 受け継がれた光
  86. 御前試合は終わり
  87. その剣は輝きを増し
  88. 第四部
  89. 第一章 彼の者の今
  90. 勇者の手 眠る鬼
  91. 一番の好き
  92. 鬼には戻らず、しかし鬼
  93. 記憶の欠片
  94. 第二章 討つべき者
  95. 黄の鬼。二人。
  96. 刹那の交錯
  97. その少女は叫び
  98. 美少年、つっこむ
  99. 第三章 その鬼の記憶
  100. 師として、人として
  101. 戦を終えて
  102. 鬼の絆
  103. 最後の一人
  104. 第四章 勇者の決闘
  105. 地獄はどこに
  106. 決闘の招き
  107. 尋ヶ原の決闘
  108. 取り戻すための戦い
  109. 第五章 偽りか真実か
  110. 大位の鬼
  111. 鬼と勇者
  112. 光、繋ぐ時
  113. 勇者の選択
  114. 第六章 勇気の剣
  115. その光は勇気
  116. 伸ばされた手
  117. もう一度その手を
  118. 第七章 鬼の行方
  119. 帰る者、去る者
  120. 光明と深淵
  121. 牢獄
  122. 宿命の二人
  123. 幕間
  124. 凪 その刻が来る前に
  125. ひとりぼっちの少女
  126. 今を生きている
  127. その刻を見つめて
  128. 新九郎 共に歩む
  129. 失わなかった少女
  130. その想いの形
  131. 刻の迎え
  132. 第五部
  133. 第一章 捨てられた勇者
  134. 女神はいつも唐突に
  135. 女神は逃げず
  136. 勇者は迷わず
  137. もう一人の勇者
  138. 第二章 最後の結界
  139. 光の果て
  140. 隔世の結界
  141. その優しさだけで
  142. 父の剣 母の言葉
  143. 第三章 父と娘
  144. もう一つの親子
  145. 信じるからこそ
  146. 江戸城決戦
  147. 死闘の中で
  148. 第四章 その光は誰に
  149. 蒼穹の剣士
  150. その剣は母に似て
  151. 真実を抱いて
  152. 遺されていた答え
  153. 第五章 届かざる答え
  154. 二つの虹
  155. 神の逆鱗
  156. 後悔はせず 救いはいらず
  157. 父の背はそこに
  158. 第六章 終わらせない意志
  159. 炎の交錯
  160. 夏の終わり 戦いは終わり
  161. その勇者の結末
  162. 力の対価
  163. 第七章 続けるために
  164. 勇者、一人じゃなかった
  165. 皆でやるということ
  166. 闇の決断
  167. 蒼穹の三人
  168. 終局
  169. 第一章 確かめるべきこと
  170. 始まりの願い
  171. 最後の夢
  172. 見極めるための来訪
  173. 最善を視る者
  174. 第二章 救うためと救うため
  175. 勇者の願い
  176. 良く似た二人
  177. 勇者の頼みは聞かず
  178. 最後の真実
  179. 第三章 その勇者のため
  180. 陽の見送り