マーガレットを、私に

作者 五味千里

153

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

嫌悪的感情をむやみやたらに描写するのではなく、また淡々とし過ぎてもいないのが、語りの手の豊富な語彙によって、叙情的な味わい深さがある。

「他人の不幸は蜜の味」という言葉を彷彿とさせるような興味関心をそそられる。

否定なき愛と否定ありきの愛には、似て非なる、それでいて共に一途な思いを垣間見せる。

★★★ Excellent!!!

これは、とても普通に小説です。

ネット小説は往々にしてネット小説なのですが、
この作品に関しては、ただの小説だと思いました。

だから、とりあえずネット小説じゃなくて、
中編か長編の小説書いて新人文学賞に応募して、
受賞して、出版してもらえばいいと思います。

買うから。


って違う。
これではレビューではないですね。

文体。精緻。リズムにしろ意味にしろ読みやすさにしろ、抜群です。
構成。面白い。掴みが強い。プロット頼りではないため、どんなオチでもガッカリしない。
芯。なんと言えば良いのかわからないけど、強靭さを感じた。作者個人の経験によるものか、テーマ選択とその研鑽によるものかは不明。


プロの作家の作品を読んで打ちのめされるのはとても気持ちの良いものですが、
素人作家だと、なんだか凄まじくへこみますね……。
(しかも、センスではなく、技術力という点でへこまされる


多分、プロの編集とかからしたら不足があるんだろうけど、
素人読者からしたら、これはもうプロ級です。

ご一読をおすすめします。

★★★ Excellent!!!

大学生の恋物語。
そう言ってしまうと特別な何かがある訳ではないのですが、文章力で魅せられる作品でした。

学生ならではの砕けた言葉ではなく、あえて純文学にする事を選択した事に面白さを感じました。

マーガレットの比喩や、言葉選びがとても綺麗。終始、とても美しい印象でした。

★★★ Excellent!!!

このお話は、『大学生の女性がとある男性と恋に落ちて……』なんてお話。
きっかけは些細な事だけれど、それでも確かにこの世のどこかで起こった『恋物語』だ。
少々鼻につく心情描写。そして何よりも、ネットでは滅多にお目に掛かれない純文学――作者の方がどういうジャンルのつもりでこの物語を書いたのかは知らないけれど――の小説の文体。
どれをとっても文句のつけようがない。正直この作品の事はしばらく忘れる事がないだろうと確信してしまう程に。
皆様にはぜひとも一読してもらいたいと、心の底から推奨する。

★★★ Excellent!!!

窓辺に咲くマーガレット。
これに秘められた比喩が実に深いです。
2人の大学生の恋愛と主人公の心情を丁寧に追いかけながら
その比喩の意味を読者に問いかけてきます。
その意味を知り、ラスト、私の心には、一輪の花が咲きました。

★★★ Excellent!!!

文学調に語られる本作。マーガレットとは何か、マーガレットはなぜ散ったのか。
それも含めて最初の編で覚えた違和感は読み進めていくにしたがってちゃんと着地するので最後まで読むのが吉。
他人に愛されることと他人を愛することは果たしてどちらが幸せなことなのだろう。
それはそれとして、この主人公はちょっと怖くてゾクリとします。