シュヴァルリ(Chevalerie) ―姫騎士物語―

作者 けろぬら(tau2)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全102話

更新

  1. 第1章 Grüß Gott! 私、姫騎士(仮免)です
  2. 01-001.いきなりですが、3位決定戦です
  3. 01-002.ポイントを、いただきたいのです
  4. 01-003.いただきます、ごちそうさま
  5. 01-004.学園です、今日もまたかくてありなん
  6. 01-005.冬休み、知らないところで原体験の話です
  7. 01-006.春季学内大会第一部、開催です
  8. 01-007.春季学内大会第一部、Duel予選はじまりました
  9. 01-008.中国武術とスペイン武術の激突、です ~透花その1~
  10. 01-009.驚きです、パリイの攻防 ~透花その2~
  11. 01-010.履いていない同士、なにがですか? ~京姫その1~
  12. 01-011.長柄武器同士?いいえ、剣で決めます ~京姫その2~
  13. 01-012.エイルと、囮と、ビックリ技です ~ティナその1~
  14. 01-013.ちょこっと奥義、だしちゃいます ~ティナその2~
  15. 01-013.5.【閑話】ティナとエイルの戦い ~解説者席より~
  16. 01-014.パンモロです、なにを今さら ~ティナその3~
  17. 01-015.今日はゴロゴロ日和、働いたら負けです
  18. 01-016.日曜日は市場へ出かけ、昆布と花椒を買ってきた
  19. 01-017.神頼み?いいえ違います、祈りです
  20. 01-018.春季学内大会第二部、Duel本選はじまりました
  21. 01-019.森のエルフと戦います、クッコロは断固阻止です ~ティナ~
  22. 01-020.忍者と武将、蝶と鬼です ~京姫~
  23. 01-021.ヘリヤ、その向こう側 ~透花~
  24. 01-022.ヘリヤ、その向こう側 ~京姫~
  25. 01-023.überschneiden=戦乙女+姫騎士 ~ティナその1~
  26. 01-024.Ankunftsort≒姫騎士×戦乙女 ~ティナその2~
  27. 01-025.Und am nächsten Tag そして、翌日です
  28. 第0章 設定や四方山話とか
  29. 00-000.この物語のコンセプトについて
  30. 00-001.仮想現実技術の今(22世紀視点)
  31. 00-002.SHSについて
  32. 00-003.シュヴァルリの簡単な歴史
  33. 00-004.シュヴァルリ競技の基本ルール
  34. 00-005.マクシミリアン国際騎士育成学園
  35. 00-006.ヘリヤとエイルと、坩堝鋼
  36. 00-007.剣で鎧を斬る!的な話あれこれ
  37. 00-008.【雑話】ボツにした文章をチョコっと掲載してお茶を濁すの巻
  38. 第2章 Servus! 姫騎士と、ゆかいな仲間たちです
  39. 02-001.イメージキャラクターは大切です!
  40. 02-002.花花のお見送り、からの懐石料理に舌鼓です!
  41. 02-003.小乃花、蕎麦無双です!
  42. 02-004.努力が報われない? その台詞、前提がおかしいです!
  43. 02-005.アバターとウサギとオースタンです!
  44. 02-006.ミュンヘンで揃うのはモノだけじゃないんです!
  45. 02-007.ひさしぶりの我が家と、花花の大会予選です!
  46. 02-008.オースタンの日曜日です!
  47. 02-009.いらっしゃい、ようこそ我が家へ、です!
  48. 02-010.母のやらかし具合に京姫の方針、花花の意外性です!
  49. 02-011.みんなでオフロです!
  50. 02-012.京姫のこれからに向けて…カウンセリングです?
  51. 02-013.なぜだか組手をする羽目になりました!
  52. 02-014.はじめてのスポンサードです!
  53. 02-015.それは、まるで映画のように…です!
  54. 02-016.裏山に登りましょう、でもそれはお仕事です!
  55. 02-017.のんびりと、やってきました旧市街です!
  56. 02-018.ホーエンザルツブルク要塞に行ってみよう、です!
  57. 02-019.ホーエンザルツブルク要塞の、微妙なラインです!
  58. 02-020.ホーエンザルツブルク要塞を、堪能です!
  59. 02-021.昨日は素通りした、ザルツブルク大聖堂です!
  60. 02-022.魔法少女と呼ばないで! らしいです!
  61. 02-023.オースタン休暇の終わりです、学園に帰還します!
  62. 02-024.手続きやらデータ提供やら意外とやることが多い日常です!
  63. 02-025.ようやく第一成人になりました。誕生日でも食は基本です!
  64. 02-025.5.【閑話】よろづにその道を知れる者は、やんごとなきものなり。
  65. 02-026.みんな全国大会から帰ってきました!
  66. 02-027.現代の騎士は戦う以外の仕事も大事です!
  67. 閑章 よろずのことにつかいけり
  68. 【閑話】京姫と家族と神憑り ~京姫その1~
  69. 【閑話】恋する花傭兵 ~テレージアその1~
  70. 【閑話】風雲!ホーエンザルツブルク要塞! ~その1 攻防の手始め~
  71. 【閑話】風雲!ホーエンザルツブルク要塞! ~その2 強襲と奇襲~
  72. 【閑話】風雲!ホーエンザルツブルク要塞! ~その3 お披露目、大事~
  73. 【閑話】風雲!ホーエンザルツブルク要塞! ~その4 青い軌跡~
  74. 【閑話】風雲!ホーエンザルツブルク要塞! ~その5 戦乙女と姫騎士~
  75. 【閑話】京姫と小さな老人 ~京姫その2~
  76. 【閑話】京姫と五月晴れ ~京姫その3~
  77. 【閑話】恋する花傭兵 ~テレージアその2~
  78. 【閑話】恋する花傭兵 ~テレージアその3~
  79. 【閑話】京姫と大きなタマネギの下 ~京姫その4~
  80. 【閑話】恋する花傭兵 ~テレージアその4~
  81. 第3章 Einen schönen Tag! 姫騎士の穏やかなれど怒涛の日々です
  82. 03-001.Anfänge. 始まりの唄。
  83. 03-002.Bestätigen. 嘱目の思料。
  84. 03-003.Verbreitung. 流動性概念と固定的観念の闘争。
  85. 03-004.Verkäufen. 販売促進を促す戦略が齎す影響と結果。
  86. 03-005.Kampf. 人の技。
  87. 03-006.Erfahrung. 銀色の穂、白い煌めき、実験結果。
  88. 03-007.Termin. 夏休みの計画。
  89. 03-008.Zuschauer. 選手選考大会初日に於ける偶発と凝望。
  90. 03-009.Es gibt jene, die auf dem Schlachtfeld bewohnen. 疾駆。
  91. 03-010.Produktion. 行動が現実へ影響する事象。
  92. 03-011.Fest. それは特別ではなく日々の延長線である。
  93. 03-012.Aufbruch. 終わりと始まりは表裏一体であり、祝福と呪詛は共に祈りの一つである。
  94. 03-013.姫騎士が他国へ訪問した際に省略出来ない儀式。 Ferner Osten.
  95. 03-014.一般家庭と貴族家の温度差は如何程であるかの提示。 Verstehen.
  96. 03-015.環境を自ら指し示す方向の決定付ける根拠としてはならない。 Wendepunkt.
  97. 03-016.宇留野御神楽流。 Klärung.
  98. 03-017.過去と現在が混在する生活。そして未来への指針。 Anleitung .
  99. 03-018.都心での生活拠点は生活感を持たない建築物であるケース。 Zusammenfluss.
  100. 03-019.神と人の境界は何であるか誰も知らない。 Schrein.
  101. 03-020.観光と参拝は果たして同じ軸線上に据え置いて良いものだろうか。 Schreinbesuch.
  102. 03-021.夏祭りと呼ばれるそれは一般に知られる祭りとは異なる性質を持つ。 Versammlung .
  103. 03-022.利益と不利益は時に等しく行動によって打ち消される。 Durchsetzung.
  104. 03-023.突発的事案を強行する際は成功率を求め過ぎれば頓挫する。 Wirkung.
  105. 03-024.邂逅。 Du entscheidest über die Zukunft.
  106. 03-025.夢見た景色を望むのであれば両の脚で歩み続けねばならない。そして、その歩みに意味があることを知らねば辿り着くことはない。 Unterrichtung.
  107. 03-026.姫騎士とオーク。 Prinzessin Ritter mit der Ork.