鶴に殉ず

作者 夢見里 龍

163

57人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ほっそりとしたうつくしい女、鶴呤(かくれい)は「鶴」だ。鶴は豊穣をもたらす。だが鶴はやがて、その豊穣と引き換えに月に還らなければならない。その日まで鶴を「護る」のは、低い身分の鶫刹(とうせつ)という青年であった。鶫刹は自問する。俺にとって、鶴とは。

この物語の基本線は、鶴である鶴呤と衛(まもり)である鶫刹の関係性です。二人がどのように出会い、どのような関係を築き、どのような未来に向かって進んでいくか。この物語は常に二人を軸として展開されます。
そこでおもしろいのは、鶫刹のこころが「見えない」ということです。
本作の視点は鶫刹のものです。地の文では鶫刹の心理が表現されます。しかしながら、鶫刹自身が自分の思考に対して曖昧な理解しかしていないため、読者は鶫刹のこころを想像しながら楽しむことができます。これは筆者の工夫なのだと感じました。鶫刹からは、あえて直接的な表現が抜かれている。これが想像の楽しさを引き出しました。唯一のヒントはせりふです。せりふについては、鶫刹の心情の結果がそのまま表されています。そのせりふに至るまでの経緯と、鶴呤の言葉に対して感じたことについては、読者が鶫刹に成りきって想像する必要があるのです。そういう意味で、本作の主人公は鶫刹であり、読者のあなた自身なのです。

そうすると、ましてや、鶴である鶴呤の心情などすぐにわかるものではありません。ゆえに読者は、鶴呤のことを非常にミステリアスな女性だと感じるでしょう。この書き方がすごく面白かったですよ。鶴呤のヒロイン性を高めた書き方だと感じました。
もともと「鶴」というのは不思議な存在ではないですか。さらにいえば、この物語の世界観においても異質な存在です。そんな彼女のこころをガンガン暴かせては、これはもう鶴としての鶴呤が台無しです。本作では、「鶫刹は鶴呤を掴みきれない」「鶫刹は鶫刹自身を理解できない」という二重構… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

まずは、『鶴』を題材にしていて、日本人には馴染みがある動物ですし作品の世界観に入り込みやすいです。


それだけではなく丁寧な描写、短編とは思えないほどの深いテーマがある物語です。

日本の風習や文化もきっと参考にされていると思います。


新年に素敵な作品を読んで、私もまた頑張ろうと気合が入りました。
ありがとうございます

★★★ Excellent!!!

文章が、この言葉しかないと言う当て嵌まり方をしており、上手いだとかそういう表現ではいけないように思えました。初めからこうやって生まれて来たと言うべきでしょうか。初めから終わりまでがひと繋ぎの文章としてどこかに存在していて、それをそのまま綴られたような。そんなしっくりさがありました。いや、しっくりというのも失礼と思えるほどに。

ラストシーンは、悲しみの先にある情熱、絶望の暗闇の中でしか見えない小さな小さな光のように思えました。
その光は多分希望という言葉すら生ぬるい、焦げるような「思い」だったのかなと感じました。

美しかったです。
ありがとうございました。


★★★ Excellent!!!

読者は、結末まで読み、題名を読み返したとき、ああっ、と心中で声を漏らすでしょう。それについては、評者はこれ以上語りません。

この短編小説の主眼は、結末に至る過程にあります。一つ一つ事実を積み上げ、その道行きしかなかったのだと気づかされた後に、終幕へと至ります。その圧倒的説得力。

作者は次の言葉を作中に使いませんでしたが、運命、という言葉の意味を評者は胸中で反芻します。