鶴に殉ず

作者 夢見里 龍

何故そこに至るのか、圧倒的説得力

  • ★★★ Excellent!!!

読者は、結末まで読み、題名を読み返したとき、ああっ、と心中で声を漏らすでしょう。それについては、評者はこれ以上語りません。

この短編小説の主眼は、結末に至る過程にあります。一つ一つ事実を積み上げ、その道行きしかなかったのだと気づかされた後に、終幕へと至ります。その圧倒的説得力。

作者は次の言葉を作中に使いませんでしたが、運命、という言葉の意味を評者は胸中で反芻します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

村乃枯草さんの他のおすすめレビュー 113