カフェ『TWO BOTTOM』でそこそこのコーヒーを。

作者 宇部 松清

一筋縄ではいかないお客さん達と紡がれる実験的カフェ小説。語りが最高です

  • ★★★ Excellent!!!

カフェという言葉に、皆様はどんなイメージをもってらっしゃるでしょうか?
お洒落? くつろぎ? おいしいコーヒー? 素敵なマスター? それとも、可愛いウエイトレスさん?

こちら、『TWO BOTTOM』で待ってくれているのは、良い豆のコーヒーととびきりおいしいケーキ、太っ腹なマスターと気が利く可愛いいウェイトレスさん、そして可愛い看板猫です!(≧▽≦)
……なかなかすごい常連さんもいらっしゃいますけれど(笑)

もうすぐ結婚かな? と意識している恋人達が、たまたま入ったカフェ『TWO BOTTOM』。
そこで何が起きるかは……。

カフェの雰囲気を味わいながら、斬新な作者視点のカフェ小説をお楽しみください(*´▽`*)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾束 乙さんの他のおすすめレビュー 475