カフェ『TWO BOTTOM』でそこそこのコーヒーを。

作者 宇部 松清

いらっしゃいませ、お好きな席にどうぞ。

  • ★★★ Excellent!!!

カフェ小説なんである。つまりオシャレ小説なんである……のか?

かわいい店員とイケメンマスターがいるカフェにオシャレマダムたちが集って……と言っていいのか悪いのか。

もう、読んだほうがはやい。
とにかく読もう。

予想外の展開に作者の冷静なツッコミが冴えわたる。

読みやすくあっという間に終わってしまいます。ひとまず閉店のようですが、このカフェでくつろいで癒されましょう。コーヒーはそこそこですがケーキは美味しいそうですよ。だって、となりにあるケーキ屋の……いえ、なんでもありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

カフェ小説ね。じゃあお洒落にコーヒー片手に飲みましょうね、なんて思ったかたは今すぐそのコーヒーを手から離したほうがいい。数分後には大惨事になるからです。

いや、大惨事ったって。お洒落なカフェでマス… 続きを読む

竹神チエさんの他のおすすめレビュー 1,402