カフェ『TWO BOTTOM』でそこそこのコーヒーを。

作者 宇部 松清

このカフェ小説、コーヒーを飲みながらは読めませんw

  • ★★★ Excellent!!!

読み始めてすぐのことです。衝撃的でした。
口に含んだコーヒーが、口の端から垂れるのを慌てて拭きました。
こんなに自由に書かれているのに面白い小説は、あまり巡り合えないと思います。おすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

カフェ小説ね。じゃあお洒落にコーヒー片手に飲みましょうね、なんて思ったかたは今すぐそのコーヒーを手から離したほうがいい。数分後には大惨事になるからです。

いや、大惨事ったって。お洒落なカフェでマス… 続きを読む

@wacaさんの他のおすすめレビュー 142