モグラの穴

作者 柊圭介

心がひりひりする

  • ★★★ Excellent!!!

膝小僧に貼ったバンドエイドを剥がして、塞がりかけた傷にふれるようなひりひり感と、抑えた語り口で語られる残酷な日々。それでも息を詰めて惹きつけられ、通読せずにおられませんでした。

 佐伯紘一さん、
 陰ながら貴方の幸福を願って止みません。

祈りたくなる。

ぜひ、一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

拝読している間じゅう、何度息が詰まったか分かりません。
狭い教室が世界の全てだったあの頃の閉塞感を思い出すと共に、主人公の受けた傷をまるで自分の事のように生々しく感じました。

長い外国生活のせいで… 続きを読む

濱口 佳和さんの他のおすすめレビュー 100