げんとげん

作者 長月十五

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全191話

更新

  1. Ⅰ;幻 痛 と 幻 獣
  2. Track.1-1「ああ、おなかが、ある」
  3. Track.1-2「推定異術士と会敵、魔術介入を執り行う」
  4. Track.1-3「お前さぁ」
  5. Track.1-4「あいつは一体何がしたかったんだ?」
  6. Track.1-5「知らない人に着いてくなって言われてるんで」
  7. Track.1-6「俺は殺せなかったよ」
  8. Track.1-7「無駄足かよ」
  9. Track.1-8「お前、さてはいいやつだろ」
  10. Track.1-9「JKが口付けたもん欲しがるとか在り得ない」
  11. Track.1-10「相手誰だと思ってんの?JKだぞ?」
  12. Track.1-11「全然ピンピンしてんじゃねぇか」
  13. Track.1-12「素人に何頼んでんの、って話だし」
  14. Track.1-13「待たせたな」
  15. Track.1-14「まずは――人払い」
  16. Track.1-15「暇だから一人で行っちゃうよ?」
  17. Track.1-16「どこだ、ここ……?」
  18. Track.1-17「わたしは、――幻覚のようなものだよ」
  19. Track.1-18「いや、アレは――幻獣だ」
  20. Track.1-19「でもあたしが囮になったところで、」
  21. Track.1-20「――ぁ、――っ」
  22. Track.1-21「森瀬、なのか?」
  23. Track.1-22「助けて欲しいではある」
  24. Track.1-23「あなた、成人してますよね?」
  25. Track.1-24「異世界に行っておなか痛くなって帰ってきたって話、する?」
  26. Track.1-25「――あのコの“最愛”だよ」
  27. Ⅱ;言 及 と 玄 冬
  28. Track.2-1「――またきみを、ころせなかった」
  29. Track.2-2「何から質問してくれるのかしら?」
  30. Track.2-3「え、でもオレ青いシチュー食ったことありますよ」
  31. Track.2-4「一介の魔術士風情が図に乗るなよ?」
  32. Track.2-5「初任給手取り50万からでどうでしょう?」
  33. Track.2-6「私の基準では――子供ではありません」
  34. Track.2-7「アルバイト、を、しよう、と、思って……」
  35. Track.2-8「私が貸したリップもとてもいい感じです」
  36. Track.2-9「あたしたちはここに、強くなりに来ました」
  37. Track.2-10「昨日ぶりですね」
  38. Track.2-11「“鬼”に攻撃は?してもいいの?」
  39. Track.2-12「俺の方がより性格悪いぞ」
  40. Track.2-13「お前にそう思わせないために頑張るっつってたけどな」
  41. Track.2-14「さぁ、遊ぼうぜ――」
  42. Track.2-15「いや、それ無理っすよ」
  43. Track.2-16「いらっしゃいませえええぇぇぇぇえええええ!!」
  44. Track.2-17「場慣れしすぎじゃ無ぇの!?」
  45. Track.2-18「お前ら何か趣旨忘れて無ぇか?」
  46. Track.2-19「冷麺早すぎんだよ!普通締めだろ!」
  47. Track.2-20「こいつすげえな、って思ったんですよ」
  48. Track.2-21「森瀬、泣き虫ですからね」
  49. Track.2-22「ちなみに、無償ですが手伝って貰えますか?」
  50. Track.2-23「馬鹿野郎」
  51. Track.2-24「寛大な処遇を祈るしかあるまい」
  52. Track.2-25「ハッピーエンド?そんなの要らないよ」
  53. Ⅲ;原 罪 と 顕 現
  54. Track.3-1「森瀬さんの伸び代が特に目立ちました」
  55. Track.3-2「後には引けない、ってやつです」
  56. Track.3-3「うちが君のこと守ったる」
  57. Track.3-4「“朽ちぬ蒼の番兵”」
  58. Track.3-5「病院なんだから医者に決まってんだろ」
  59. Track.3-6「現時刻一四三〇を以て上番する!」
  60. Track.3-7「白い少女って――飯田橋の?」
  61. Track.3-8「――相手は、言術士だ」
  62. Track.3-9「駄目っすね」
  63. Track.3-10「言術士は“嘘を吐かない”って話は本当か?」
  64. Track.3-11「さて、鬼が出るか蛇が出るか……」
  65. Track.3-12「君は――真界が好きそうだ」
  66. Track.3-13「王様って何だ?」
  67. Track.3-14「何アレ、温すぎない?」
  68. Track.3-15「わたしが協力してあげる」
  69. Track.3-16「3対3なら確実に負けるでしょうけど」
  70. Track.3-17「抵抗するなら無慈悲に死ね」
  71. Track.3-18「クローマーク、めっちゃやるやん」
  72. Track.3-19「ちぃと火が強すぎやせんかいの?」
  73. Track.3-20「――あたしはお前を、“殺せる”ってことだ」
  74. Track.3-21「“魔術殺し”、予定が変わった」
  75. Track.3-22「っ――――夷」
  76. Track.3-23「――未来永劫」
  77. Track.3-24「理想に至る道筋が無ければ到達は出来ない」
  78. Track.3-25「絶対に切り捨てられない願望以外は切り捨てよーよ」
  79. Ⅳ;現 実 と 幻 日
  80. Track.4-1「駄目です、再接続できません!」
  81. Track.4-2「こっぴどくやられたようですなぁ!」
  82. Track.4-3「オレもやんないと駄目?」
  83. Track.4-4「黙って見てなよ」
  84. Track.4-5「いいから静かに見て下さいよ」
  85. Track.4-6「解離性健忘、って知ってる?」
  86. Track.4-7「友達が出来たって言うから見に来たの」
  87. Track.4-8「だから黙って見てろっつてんだろ」
  88. Track.4-9「わたしといて楽しい?」
  89. Track.4-10「当たり前だっ、殴るぞっ」
  90. Track.4-11「してよ、キス」
  91. Track.4-12「可愛いなぁ、芽衣ちゃんは」
  92. Track.4-13「傍にいてくれる?」
  93. Track.4-14「推し変する?」
  94. Track.4-15「消えちゃってもいいくらい」
  95. Track.4-16「いやいや、寧ろこっからだよ」
  96. Track.4-17「今度タピオカラテでも奢るから許して?」
  97. Track.4-18「――面白いじゃない」
  98. Track.4-19「――格好いいから、“お嬢”で」
  99. Track.4-20「美味しくないね、これ」
  100. Track.4-21「実はね、――できたの、彼氏」
  101. Track.4-22「……頼んだよ」
  102. Track.4-23「え?ああ――ひとつになるの」
  103. Track.4-24「通り魔に遭ったと思って諦めてよ」
  104. Track.4-25「“正しさ”なんかに負けてたまるかよ」
  105. Ⅴ;幻 術 と 弦 術
  106. Track.5-1「“熊が鮭食んで来た”、って感じ?」
  107. Track.5-2「幻術士だからって何でもできると思わないでくれるかな?」
  108. Track.5-3「ああ、デリカシー無さそうだもんな」
  109. Track.5-4「それで、恋してるんだって気付いたわけ?」
  110. Track.5-5「先輩は魔術士、それも弦術士では無いですか?」
  111. Track.5-6「やらないって言ったら馬鹿だよ」
  112. Track.5-7「私、君の提案なんか飲み込んでないよ?」
  113. Track.5-8「……嘘だろ」
  114. Track.5-9「すみませんでした」
  115. Track.5-10「それは今は、忘れてください」
  116. Track.5-11「用がある時はこちらから呼ぶから」
  117. Track.5-12「すみません、変な家で」
  118. Track.5-13「当初の予定を変更しようと思います」
  119. Track.5-14「先輩、俺のこと好きすぎでしょ」
  120. Track.5-15「私、馬鹿でごめんね」
  121. Track.5-16「今じゃなきゃ、絶対に駄目なの」
  122. Track.5-17「こんなに飲むんですか?」
  123. Track.5-18「そういう病気なんだ」
  124. Track.5-19「Tunggu」
  125. Track.5-20「楽しいデートになりそうだけど」
  126. Track.5-21「受け身になるな!考えろ!」
  127. Track.5-22「魔術師としての将来は安泰しかありません」
  128. Track.5-23「わがままでしかありません」
  129. Track.5-24「じゃあわたしも、武器、使っちゃおうかな」
  130. Track.5-25「君に、それが出来るの?」
  131. Track.5-26「はっ、所詮は手品師よ!」
  132. Track.5-27「勝手に独りでやってろよ」
  133. Track.5-28「そーゆーとこが下の中の下の下なんだよなぁ」
  134. Track.5-29「……糞野郎っ」
  135. Track.5-30「あ、ども。土足ですみませんね」
  136. Track.5-31「どっちが弓削君を、射止められるか」
  137. Track.5-32「……男なんて、何がいーんだか」
  138. Track.5-33「18歳になったら死んじゃうのに?」
  139. Track.5-34「え、えっちく、なければ……」
  140. Track.5-35「あたしは誰を、殺したんだろう」
  141. 幕間;Genocide to Generate.
  142. Interlude.01「ナニカが始まる」
  143. Interlude.02「配列を組み替え、次を試す」
  144. Interlude.03「“惨劇の魔女”、孔澤流憧」
  145. Interlude.04「嗚呼――――愉しみだなぁ」
  146. Interlude.05「“死”は、壊しきれるだろうか?」
  147. Ⅵ;厳 戒 と 限 界
  148. Track.6-1「また、僕たちは間違った――」
  149. Track.6-2「全身全霊での戦いだ」
  150. Track.6-3「楽しくて楽しくて堪りません」
  151. Track.6-4「あたしだけ何も無しかぁ」
  152. Track.6-5「……やっぱ重いなぁ」
  153. Track.6-6「取り敢えず、敵の位置は割れました」
  154. Track.6-7「――あんたら、すごいな」
  155. Track.6-8「あたしは、囮だから」
  156. Track.6-9「格好の的でしか無いですよ?」
  157. Track.6-10「今に見ていろ――――」
  158. Track.6-11「見事に騙されましたね」
  159. Track.6-12「何かパンツとか転送できない?」
  160. Track.6-13「それより、パンツは?まだ?」
  161. Track.6-14「……どいたま」
  162. Track.6-15「……お嬢、お詫びします」
  163. Track.6-16「玉屋に聞こう」
  164. Track.6-17「ガスマスクがいい!」
  165. Track.6-18「――嫌な予感がする」
  166. Track.6-19「会敵!総員、交戦体制に移行!」
  167. Track.6-20「関係者以外、立ち入り禁止なんだけど?」
  168. Track.6-21「“おいでませ、阿吽”――」
  169. Track.6-22「お茶碗持てなくなんだろうがぁっ!」
  170. Track.6-23「待たせたな」
  171. Track.6-24「ねぇ――――リセ、だよね?」
  172. Track.6-25「あの虫、私前に見てる」
  173. Track.6-26「恐ろしく察しが悪いですね」
  174. Track.6-27「反吐が出るほど嬉しい」
  175. Track.6-28「売られた喧嘩は言い値で買ってやるよ」
  176. Track.6-29「阿鼻叫喚の地獄絵図が生まれる」
  177. Track.6-30「ただ、もう少しだけ様子を見させてください」
  178. Track.6-31「どうしてあなたから死の匂いがするの?」
  179. Track.6-32「否定はしません。現に、私は骸術士ですから」
  180. Track.6-33「その言葉を信じたいと思います」
  181. Track.6-34「――――だぁれだ?」
  182. Track.6-35「私、殺されたの」
  183. Ⅶ;幽 玄 と 夢 幻
  184. Track.7-1「オレは死なないし、お前に殺させもしない」
  185. Track.7-2「スカートじゃないんだ」
  186. Track.7-3「勿体無いよ、可愛いのに」
  187. Track.7-4「豚こま、人参、パプリカ、大蒜――酢豚だな」
  188. Track.7-5「おたく、どちらさまっすか?」
  189. Track.7-6「へいへいどーした?」
  190. Track.7-7「オレからは以上、お疲れさん――」
  191. Track.7-8「君、一回死んだよ?」
  192. Track.7-9「同意が無い限り、肌は重ねない主義だ」
  193. Track.7-10「失礼ですが、蓄えはありますか?」
  194. Track.7-11「これ以上ないってくらいの優良物件だ」
  195. Track.7-12「別にNHKに好かれたい意思は無ぇよ」
  196. Track.7-13「もしかして本当に付き合ってるの?」
  197. Track.7-14「別に……残念じゃ、無いけど」
  198. Track.7-15「……本当に着替え終わりました?」
  199. Track.7-16「へぇ、――――」