げんとげん

作者 長月十伍

110

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

夢折れた元アイドルの少女は幾度となく自分を殺しながら泣いていた。
笑顔さえも殺し、巡る運命に翻弄されながら、それでも必死に生きようと戦い続ける物語。

すみません、私の文章力ではこの物語のあらすじを簡潔に書く事が出来ませんでした。
何処を切り取る事も、省く事も出来ず、全てがこの物語にとって重要なシーンだったからです。
それ程までにすべてが濃い作品でした。

多くの物語を読んでいると、中にはある程度結末を予測出来てしまうものもあるかと思いますが、こちらの物語は斜め上をいく結末が待っております。
読み進めていくにつれて、徐々に明らかになっていく世界にゾッとしました。
緻密に作り上げられた設定、巧みに隠された謎の回収、まさかの繋がり。
その狂気めいた作者様の世界観がなんとも甘美でした。

また、ハイセンスな言葉選びと、引き出しの多さに驚愕しました。
タイトルの「げんとげん」――なるほど、ひらがなの理由に納得です。

いい意味でゾッとしたい方、是非読んでみてくださいませ。

最後に、遅くなりましたが完結おめでとうございます。
素敵な物語を有難う御座いました!


★★★ Excellent!!!

複雑に絡み合い、少しずつ糸口をみせることで
頭を働かせ、先を考えさせられる作品です。

クオリティが高く、ひとつひとつの内容や意味が
気になる展開でした!

説明しすぎないところが、いいアクセントになっています。
抜きん出た発想で、さまざまな異能力があるので
楽しんで読めました!