京王線

作者 國枝 藍

淡いセピアは京王線の色

  • ★★★ Excellent!!!

人物のバックストーリーが自然と頭に入ってくる描写に、衝撃を受けました。研ぎ澄まされた文章って言えばいいのでしょうか……
レビューとしてお伝えできないのがもどかしい。これ以上は分析の上手な方々のレビューをお読みいただくとして……

セピア色の柔らかい光を感じさせるこの世界に浸って、自分の思い出と照らし合わせながら、しんみりと心洗われるひとときを過ごす……そういう物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

近藤銀竹さんの他のおすすめレビュー 113