月歌来舞

作者 宮杜 有天

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全69話

更新

  1.  
  2. 佳乃と紅葉
  3. 一夜 こんなに月が綺麗なんですもの
  4. 二夜 〝想い〟
  5. 三夜 〝月に捕らわれし者〟と〝月を喰らいし者〟
  6. 四夜 紅葉へ
  7. 美紀と恵
  8. 五夜 それは優しくすべてを包み込むような
  9. 六夜 めぐっちゃん
  10. 七夜 みぽーとオトさん
  11. 八夜 玉桂にて 其ノ一
  12. 九夜 玉桂にて 其ノ二
  13. 十夜 それちょうだい
  14. 十一夜 玉桂にて 其ノ三
  15. 十二夜 美音子の三分の二
  16. 十三夜 嫉妬だな
  17. 十四夜 月は好きか?
  18. 十五夜 玉桂にて 其ノ四
  19. 十六夜 ありがと
  20. 十七夜 上等やないか
  21. 十八夜 どいつもこいつも
  22. 十九夜 玉桂にて 其ノ五
  23. 二十夜 〝ひつよう〟
  24. 二十一夜 泣いてんのか
  25. 二十二夜 まだ大丈夫
  26. 二十三夜 ワイらはパチモンや
  27. 二十四夜 今度はやる気あんねんな
  28. 二十五夜 アンタらってお似合いだわ
  29. 二十六夜 勝手にムカついとれ
  30. 二十七夜 〝人〟であること
  31. 二十八夜 後悔なんかしてないわ
  32. 二十九夜 美紀と恵
  33. 葵と虎児
  34. 三十夜 月と惨劇とあたし
  35. 三十一夜 猫とオジサンとあたし
  36. 三十二夜 月と傷跡とあたし
  37. 三十三夜 猫オジと冷コーとあたし
  38. 三十四夜 〝月に捕らわれし者〟と〝月を喰らいし者〟とあたし
  39. 三十五夜 月長石と傷跡とあたし
  40. 三十六夜 猫と虎とあたし
  41. 三十七夜 月白と蒼黒とあたし
  42. 三十八夜 死者と仮面とあたし
  43. 三十九夜 先輩と後輩とあたし
  44. 佳乃と葵
  45. 四十夜 雨の降る日に
  46. 四十一夜 筑紫総合探偵事務所
  47. 四十二夜 〝月の祝福〟教団
  48. 四十三夜 桂
  49. 四十四夜 月の祝福のあらんことを
  50. 四十五夜 玉桂
  51. 四十六夜 なんでこないなとこにおんねん
  52. 四十七夜 〝月震〟って知ってる?
  53. 四十八夜 早乙女百合
  54. 四十九夜 虎児と佳乃 其ノ一
  55. 五十夜 虎児と佳乃 其ノ二
  56. 五十一夜 虎児と佳乃 其ノ三
  57. 五十二夜 虎児と佳乃 其ノ四
  58. 五十三夜 虎児と佳乃 其ノ五
  59. 五十四夜 虎児と佳乃 其ノ六
  60. 五十五夜 提案
  61. 五十六夜 フリやないからな
  62. 五十七夜 父と娘と
  63. 五十八夜 英紫雲
  64. 五十九夜 その姿は巫女のように
  65. 六十夜 桜とおんなじ名前でもええやん
  66. 六十一夜 運転はワイがする
  67. 六十二夜 紫雲と深山。百合と葵。
  68. 六十三夜 今回は賑やかだなぁ
  69. 六十四夜 年の功よ、お嬢ちゃん
  70. 六十五夜 染井佳乃
  71. 六十六夜 月の歌なんて聞こえませんから
  72. 六十七夜 〝月に捕らわれし者〟も〝月を喰らいし者〟も〝人〟も関係ない
  73. 六十八夜 ただいま
  74. 〝ふたつ〟の〝ふたり〟の終わり
  75. XXX夜 いつかの未来に どこかの場所で