颶風の愚者、螺鈿の裸者

作者 うぉーけん

これぞ冒険小説! と言いたい作品

  • ★★★ Excellent!!!

 なかなかよい冒険小説には巡り会えないものですが、この作品はまさに堂々たる冒険小説。個人的にはたいへん楽しんで読んでいます。舞台設定のチョイスもうまいし、キャラクター造形も巧み。さらには──個人的な嗜好の話で恐縮ですが──銃火器の描写が見事! キャラクターの個性と銃火器のチョイスがうまくリンクされていて、さすがだな! と感心してしまいます。
そして、何よりも、この作品は、人間の痛み、悲しみ、それでも失われない誇りをきちんと描いていて、それが何よりもよいと思います。それこそが、この作品を冒険小説たらしめる大事な要素です。
まだまだ冒険ははじまったばかり……これからの展開から目が離せません!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

物語、特に非現代日本が舞台の小説は、往々にして「質感」が大きなウェイトを占める。
その世界にある常識、そのキャラクターの来歴ゆえの思想や振る舞い、知識量に裏打ちされた些細な設定…要は考証の細やかさで… 続きを読む

HK15さんの他のおすすめレビュー 59