颶風の愚者、螺鈿の裸者

作者 うぉーけん

その一瞬、そこにある、その全てを描く

  • ★★★ Excellent!!!

引き金が落ち、ライフルが弾を発射する。

それだけの、たった一瞬の出来事。

その一瞬の裏で動く、人、戦況。
モシンナガンの内部機構。雷管を叩かれて銃身から加速される弾頭。

これらを余すところ無く、正確に、端的に、詩的に描かれる戦場。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

物語、特に非現代日本が舞台の小説は、往々にして「質感」が大きなウェイトを占める。
その世界にある常識、そのキャラクターの来歴ゆえの思想や振る舞い、知識量に裏打ちされた些細な設定…要は考証の細やかさで… 続きを読む

防衛太郎さんの他のおすすめレビュー 306