海沿いの列車

作者 レネ

声なき知らせに気づくための、大切なこと

  • ★★★ Excellent!!!

家長である達夫は、必死にとはいかないまでも職をさがす日々にあった。
初夏のある日、ふと思い立ち、海沿いをゆるやかに走る電車へ乗り込む。コトコトと揺られしばらくすると、停車した駅に今は亡き妹の姿が……。
在りし日のままの彼女は、黙って達夫の正面に座り、彼もまた妹を無言で迎え、見送った。
呼び起こされる家族の記憶。愛せなくなっていたはずの老齢の父を連れ再び電車に乗ると、ふたりの前に彼女はあらわれて──。

「声なき知らせ」によってつながれる未来に、少しの寂しさとあたたかさが残る物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

若くして亡くなった妹を電車の座席で見る主人公。

妹は鎌倉の江ノ電に似た江の海線で、生前に通っていた鎌田高校からいつも乗ってきます。

心を病み、仕事をうしなった主人公はハローワークに通いながら、そ… 続きを読む

このはりとさんの他のおすすめレビュー 93