インペリアル・ガード

作者 清水 涙

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全74話

更新

  1. オープニング
  2. オープニング 内親王殿下のご帰還に振られる
  3. 第一章 皇宮警察
  4. 第一章 ① 皇宮警察本部
  5. 第一章 ② 司子内親王はアニメを見たい!
  6. 第一章 ③ 式子内親王は食べられたくない!
  7. 第一章 ④ 東御苑の誓い
  8. 第一章 ⑤ 祐子内親王のよく分かる「異能力」進講
  9. 第一章 ⑥ 祐子内親王のよく分かる「裏の歴史」進講
  10. 第一章 ⑦ 影の御役目
  11. 第一章 ⑧ 猫将軍閣下とボクっ娘
  12. 第一章 ⑨ 神様、誰でもそうでしょう?
  13. 第二章 皇居占領
  14. 第二章 ① ようそこ皇居一般参観へ
  15. 第二章 ② 皇居勤労奉仕団の胎動
  16. 第二章 ③ マスカレード(仮面舞踏会)の戦端
  17. 第二章 ④ 渡橋するヤマトタケル(東御苑本丸 突破)
  18. 第二章 ⑤ ヤタガラスの羽撃き(吹上御苑北側 陥落)
  19. 第二章 ⑥ 仁徳天皇の見た煙(宮内庁 占拠)
  20. 第二章 ⑦ 級友の邂逅(旧西の丸 占領)
  21. 第二章 ⑧ 通信司令室からの報告(東御苑本丸 落城)
  22. 第二章 ⑨ 幻の海(皇居外苑 波乱)
  23. 第二章 ⑩ 大人と子ども
  24. 第二章 ⑪ 敵は見えない (皇居外苑 混乱)
  25. 第二章 ⑫ 無人兵器の強襲(皇居外苑 騒乱)
  26. 第二章 ⑬ 無人兵器の空襲(皇居外苑 擾乱)
  27. 第二章 ⑭ たちばな れい
  28. 第二章 ⑮ ささき かなで
  29. 第二章 ⑯ 旧友の邂逅
  30. 第三章 宮中進撃
  31. 第三章 ① 防人の誇り
  32. 第三章 ② 初めて機関銃を持った皇族
  33. 第三章 ③ 御府の研究者
  34. 第三章 ④ 皇太子権限(皇居正門 襲撃)
  35. 第三章 ⑤ 北へ走れ (皇居正門 失陥)
  36. 第三章 ⑥ 黒い鬼ごっこ
  37. 第三章 ⑦ 宮中三殿の戦い
  38. 第三章 ⑧ 約束の声
  39. 第三章 ⑨ 子らの戦い
  40. 第四章 天孫降臨
  41. 第四章 ① 大物主の恩寵
  42. 第四章 ② 能動と受動
  43. 第四章 ③ 天皇権限
  44. 第四章 ④ 征帝の名のもとに
  45. 第四章 ⑤ 親友の絆
  46. 第四章 ⑥ 降伏勧告
  47. 第四章 ⑦ 三輪山の斎主
  48. 第四章 ⑧ 交わされた視線
  49. 第四章 ⑨ タケミカヅチの召喚
  50. 第四章 ⑩ 崇神天皇の見たお告げ
  51. 第四章 ⑪ 天孫降臨
  52. 第四章 ⑫ 占領部隊 本隊の侵入
  53. 第四章 ⑬ 末裔たちの問い
  54. 第四章 ⑭ 最愛の友に神の奇跡あれ
  55. 第四章 ⑮ ヤマトタケルを見た聖帝
  56. 第四章 ⑯ 二人の狙撃
  57. 第四章 ⑰ たとえ天を堕とすとも
  58. 第五章 再逢と訣別
  59. 第五章 ① 俘虜の娘
  60. 第五章 ② それぞれの正義を御旗に
  61. 第五章 ③ 戦場の子供たち
  62. 第五章 ④ 止まるも行くも
  63. 第五章 ⑤ 遥かな面影
  64. 第五章 ⑥ またね
  65. 第五章 ⑦ 内閣危機管理センターからの報告
  66. 第五章 ⑧ いないはずの子供たち
  67. 第五章 ⑨ 陸上自衛隊 本隊の進入
  68. 第五章 ⑩ 大きなものと小さなもの
  69. 第五章 ⑪ 城壁を見つめる少女へ
  70. 第五章 ⑫ 天降るサルタヒコ
  71. 第六章 皇居解放
  72. 第六章 ① 海上自衛隊・護衛艦「みたけ」
  73. 第六章 ② アメリカ海軍・駆逐艦「カーティス・ウィルバー」
  74. 第六章 ③ 航空自衛隊「ヴァイパー・ゼロ」(皇居上空 解放)
  75. 第六章 ④ 撤退命令
  76. 第六章 ⑤ 吹上御苑 大宮御所
  77. 第六章 ⑥ 氷解した海(皇居外制限領域 解放)
  78. 第六章 ⑦ 幸せを祈った嘘
  79. 第六章 ⑧ 少年少女、大志を抱け
  80. 第六章 ⑨ インペリアル・ガード
  81. エンディング 
  82. エンディング 約束の果てに、たどり着いた未来