インペリアル・ガード/皇居占領

作者 清水 涙

144

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

フィクションですが、皇居でテロ事件が起こるという最悪のシナリオを、映画のような緊迫感のある筆致で書かれた作品です。

事件が起こってからのバトルシーンのテンポのよさと緊迫感に、ワクワクしながら、どうなっていくんだろうと興味引かれて読んでいます!

若干登場人物が多め、かつ、冒頭数話がその説明なので……事件が起こってからのおもしろさが伝わりにくいのが、個人的には勿体ないなと思えるぐらい。
後半からの展開が気になる作品です

※あまりに勿体なすぎたので、ネタバレしてしまってすみません。。。ダメでしたら書き直しますのでお知らせくださいませ

★★★ Excellent!!!

 このレビューを書いた時点で18話まで投稿されています。皇居、大変な事になってます!
 皇宮護衛官(インペリアル・ガード)とタイトルにありますが、最新話まで読んだ時点では、皇族のお一人司子(しのこ)内親王殿下と一人の皇宮護衛官にスポットが当たっています。
 皇宮護衛官という、あまり耳馴染みの無い職業に注目したいところですが、私はどちらかというと司子内親王殿下に興味深々です。

 皇宮護衛官の仕事とは!? 皇族様方の秘密とは!?

 読み進めて行くにつれ、その壮大なストーリーに魅了される事でしょう!
 勉強にもなります!
 古事記とかの知識があれば、更に楽しめると思います。
 
 ちょっと難しそうなイメージがあるかと思いますが、重要な「単語」は何度も出て来ますし、地の文や台詞などにさりげなく説明が入ります。

 お勧めします‼️ 勉強になる! 正に非日常。な世界観が味わえる! お得な作品でもあります。是非とも読んで下さい‼️ 

 カクヨムコン5長編部門参加作品です。 

★★★ Excellent!!!

皇宮護衛官という普段なじみのない仕事をしている人の物語です。

専門用語が多いので確かに難しいと感じるかもしれません。

ですが、
作者様の丁寧な言い回しで伝わるようになっております。

同じような内容の小説が多い中で、こういうチャレンジされた作品は素晴らしいです。

これを機会にぜひ、読んでみませんか?