ある日ゴミ屋敷の住人が死んだ。

作者 奥森 ゆうや

勧善懲悪でない物語の醍醐味を体現した作品! 現実味が見どころ☆

  • ★★★ Excellent!!!

読む前に知っておいていただきたいのは、この物語は善人と悪人がはっきりと分かれたお話ではないという事です。
きっとアナタが好きになれない登場人物も出て来る事でしょう。
ですが、そこがこの作品の醍醐味かなと思います。

犯罪者が倫理的にも絶対的に悪、犯罪に問われたことが無い人が絶対的に善などという事は現実にはなかなか無い事なのだと、この作品を読んで改めて気づかされました。

まさかゴミ屋敷の住人の死から、こんなに物語が広がっていくとはッ!
驚きました☆

主人公はもちろんの事、主人公と関わった登場人物たちの心理描写にご注目いただきたいです。とても細かく描写されています!

人間の良いところも悪いところもぎゅっと詰まった物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ばびぶさんの他のおすすめレビュー 624