紫嵐隠密組

作者 天竜風雅

8

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

類稀なる戦闘能力を持った、異能隠密集団が活躍する和風ファンタジーです。
その力を用いて数々の依頼を受けていた忍頭・清月が、依頼主である他の忍集団の頭・光華と出会うことから物語が始まります。

何故か逆賊として狙われ、多くの仲間たちを失った光華。
彼女は清月の異能力を欲するあまり、清月を拉致し、それが原因で二人まとめて危険にさらされることに…。

美しい言葉で描かれる迫力の戦闘シーンはとてもテンポよく、最後まで一気に読み進められます。

ここで出番が終わるのはもったいないような、個性的なキャラクターも多数登場。
味方も敵も操る異能力が多彩で、どれもカッコいいです!

強大な力を求める光華に、清月が語る異能の真実。
そこから導き出される、彼らが選び取る道とは。

簡潔ながらもしっかりとテーマがまとめられた、読み応えのある作品です。
忍者、戦闘、和風ファンタジーなどに触れてみたい方はぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

そんなわけで、和風ファンタジーの好きな私にとっては、ドツボな作品でした。

どこかで見たような名前、感じたことのある響き。けれどもこことは違う架空の日本。
忍者、武家、異能力。
和風ファンタジーにはぜひにも欲しい素敵要素をふんだんに盛り込みながらも、ちょうど文庫1冊分に収まっているので読みやすい。

異能の忍集団の長、清月と彼の力を復讐のために欲する光華の物語はいい意味でライトかつコンパクトにまとまっていますが、一方では背景となる世界観には広がりを感じさせてくれます。

ふとした拍子に二度三度と手に取りたくなるような良作です。