黎明の救国英雄譚

作者 羽鳥さぁら

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全143話

更新

  1. + Prologue +
  2. [序]ラディン=フェールザン
  3. 【MAIN CHARA DATA】
  4. + Scenario1 海賊討伐編 +
  5. 1.港町シルヴァン
  6. [1-1]冒険の出会いは酒場から
  7. [1-2]目抜き通りの騒動
  8. [1-3]『海歌鳥の竪琴』亭
  9. 2.裏通りを抜けて
  10. [2-1]海賊とキメラと羽根トカゲ
  11. [2-2]少女を救え
  12. [2-3]味方か敵か
  13. [2-4]路地裏の契約
  14. [2-5]入り江の海賊船
  15. 3.首都ライジス
  16. [3-1]国営図書館にて
  17. [3-2]銀河の属性
  18. [3-3]白き氷獣
  19. [3-4]街外れの依頼事
  20. 4.作戦会議
  21. [4-1]海賊の襲撃
  22. [4-2]波止場の作戦会議
  23. [4-3]作戦決行
  24. 5.作戦開始
  25. [5-1]潜入作戦開始
  26. [5-2]それぞれの思惑
  27. [5-3]思いがけぬ再会
  28. 6.対決
  29. [6-1]対峙
  30. [6-2]暴走の結末
  31. [6-3]脱出そして再会
  32. 7.作戦完了
  33. [7-1]氷狼の主張
  34. [7-2]贖罪の天秤
  35. 8.王都へ向けて
  36. [8-1]王都よりの使者
  37. [8-2]それぞれの思惑は
  38. [8-3]死神の鎌
  39. 9.悪夢との対決
  40. [9-1]悪夢の結末
  41. [9-2]仲間を救うため
  42. [9-3]王城突入ハプニング
  43. 10.生と死の狭間にて
  44. [10]闇との約束
  45. + S1 Result +
  46. LV up !! 【MAIN CHARA DATA】
  47. 【SUB CHARA DATA】
  48. 第一部(シナリオ1)あとがき&第二部(シナリオ2)について
  49. + Scenario2 王宮陰謀編 +
  50. 1.一夜明けて
  51. [1-1]彼の正体
  52. [1-2]急がば回る状況整理
  53. [1-3]白く冷然とした別離
  54. 2.帝国の若き王
  55. [2-1]若き王の悩み
  56. [2-2]国王陛下からの依頼
  57. [2-3]真実と絶望と
  58. 3.宴の夜に
  59. [3-1]レジオーラ父娘
  60. [3-2]仮面と三日月
  61. [3-3]黒き予兆
  62. 4.宴を乱すもの
  63. [4-1]君に捧げる物語
  64. [4-2]手配書が暴く真実
  65. [4-3]非常識な怪鳥vs暴走天才魔法少年
  66. 5.混乱の収束と新たな波乱
  67. [5-1]怪鳥退治
  68. [5-2]無謀な暗殺者vs小悪魔的な彼女
  69. [5-3]波乱の予兆
  70. 6.狂王と呼ばれた魔族
  71. [6-1]銀酒
  72. [6-2]狂気の吸血鬼vs出たとこ勝負な言葉の魔術師
  73. [6-3]氷雪の宰
  74. 7.陰謀に潜む真相
  75. [7-1]揺らぐ心に浮かぶ願い
  76. [7-2]ディニオード公爵
  77. [7-3]闇の狂王
  78. 8.事の起こりの夜のこと
  79. [8-1]統括者との問答
  80. [8-2]サイドゥラという故郷
  81. [8-3]狂気の呪い
  82. [8-4]なし崩しの分岐
  83. 9.分かたれる道行き
  84. [9-1]父の行方
  85. [9-2]それぞれの朝
  86. [9-3]置き手紙と出立
  87. 10.王たちの幕間
  88. [10]明け方の逢瀬
  89. + S2 Result +
  90. LV up !! 【MAIN CHARA DATA】
  91. 【SUB CHARA DATA】
  92. + Scenario3 樹海探索編 +
  93. 1.道なき樹海
  94. [1-1]樹海をゆく
  95. [1-2]ブドウとの遭遇
  96. [1-3]親玉を狙え
  97. 2.貴石の塔へ
  98. [2-1]前王統の系譜
  99. [2-2]エリオーネの提案
  100. [2-3]叛乱の火種は
  101. 3.結界を探して
  102. [3-1]まさかの再会
  103. [3-2]告死鳥の御伽噺
  104. [3-3]迷いの森の結界探し
  105. 4.桜の巨木の下で
  106. [4-1]ランチタイムは危険の香り
  107. [4-2]樹海の死神
  108. [4-3]シザー・カミィ
  109. 5.真実の瞳
  110. [5-1]万に一つの望みでも
  111. [5-2]結界の起点へ
  112. [5-3]精霊たちの愛し子
  113. 6.地下の暗闇へ
  114. [6-1]姉御の覚悟
  115. [6-2]王家の真実
  116. [6-3]地下の囚われ人
  117. 7.運命は惹かれあう
  118. [7-1]ニアミスと再会
  119. [7-2]番人の隠れ家
  120. [7-3]黒い翼の彼女
  121. [7-4]捜しびとと捜しもの
  122. 8.脱獄の先に
  123. [8-1]地下から地上へ
  124. [8-2]海歌鳥の竪琴亭にて
  125. [8-3]それぞれが知る謀略の裏事情
  126. [8-4]未来への階を
  127. 9.愛おしいと想うなら
  128. [9-1]月下の決闘
  129. [9-2]精霊のしらせ
  130. [9-3]導きの先で
  131. 10.はじまりとなる終着点
  132. [10]再会の夜明け
  133. + S3 Result +
  134. LV up !! 【MAIN CHARA DATA】
  135. 【SUB CHARA DATA】(敵側&キーキャラ)
  136. 【SUB CHARA DATA】(NPC)
  137. + Scenario4 狂王対決編 +
  138. 1.聖獣と告死鳥
  139. [1-1]真白き聖獣
  140. [1-2]聖獣の願い
  141. [1-3]告死鳥の領域
  142. 2.サイドゥラの悲劇
  143. [2-1]そして交わる旅の道
  144. [2-2]生命を喰らう闇
  145. [2-3]過去語り:サイドゥラの滅亡
  146. [2-4]過去語り:想いびとのために
  147. 3.王城の混乱
  148. [3-1]王城殴り込みと、その顛末
  149. [3-2]陰謀阻止への取引条件
  150. [3-3]氷月の似顔絵
  151. 4.闇に呑まれた血の記憶
  152. [4-1]光の導く道の先
  153. [4-2]大地蛇のみる夢
  154. [4-3]未来を従えるために
  155. 5.監獄島の魔術師
  156. [5-1]監獄島へ
  157. [5-2]魔術師との問答
  158. [5-3]海の精霊獣の伝承
  159. [5-4]『門』での別れ
  160. 6.それぞれの想いを連ねて
  161. [6-1]少年たちの決意
  162. [6-2]夜につどう
  163. [6-3]情報屋『世界の眼』
  164. 7.王の出立
  165. [7-1]国王の決意
  166. [7-2]魔術師の帰還
  167. [7-3]光翼の聖獣
  168. [7-4]再会、誓い
  169. 8.決戦前夜
  170. [8-1]眠れぬ夜の昔語り
  171. [8-2]眠れぬ夜の人生相談
  172. [8-3]眠れぬ夜の処世訓
  173. [8-4]終われぬ悲劇に終止符を
  174. 9.悲劇の幕引き
  175. [9-1]決戦の朝
  176. [9-2]亡者の街
  177. [9-3]赤と白と
  178. [9-4]瓦礫の葬送
  179. 10.愛を唄う葬送歌
  180. [10-1]混沌のおわりに
  181. [10-2]炎と闇の問答
  182. [10-3]炎姫よ挽歌に舞え
  183. + S4 Result +
  184. LV up !! 【MAIN CHARA DATA】
  185. 【SUB CHARA DATA】(ライヴァン帝国)
  186. 【SUB CHARA DATA】(その他の人々&人外たち)
  187. 第四部(シナリオ4)あとがき&更新日変更のお知らせ
  188. + Scenario5 帝星祭編 +
  189. 1.戦いのあとで
  190. [1-1]劫火の街とこれからのこと
  191. [1-2]森での別れ
  192. [1-3]ライヴァン城への帰還
  193. 2.燃え落ちた館の記憶
  194. [2-1]朝の会議
  195. [2-2]レジオーラ家の屋敷へ