裏歴史奇行!怪説・黒衣の宰相・天海(光秀は三度死ぬ)

作者 龍玄

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全55話

更新

  1. 第1話 2/05 口外御法度のお話で御座います。
  2. 第2話 2/15 懲りもせずに、ご愁傷様。
  3. 第3話 2/25 知らぬは仏、知らぬは損。
  4. 第4話 3/05 陰膳据えて毒、喰らう。
  5. 第5話 3/15 雉も鳴かずば撃たれまい
  6. 第6話 3/25 地獄の沙汰も金次第。演じるのはどなたやら。
  7. 第7話 4/05 異常も続けば、慣らされる。
  8. 第8話 4/15 憶測、約束、拘束、その果ては…
  9. 第9話 4/25 裏の裏は表にあらず、絡み合う真実
  10. 第10話 5/05 猿に猿芝居とは、粋なものです。
  11. 第11話 5/15 出世する者は、見通しに優れた者で御座います。
  12. 第12話 5/25 煩い悩み、妖僧・天海、生まれんと
  13. 第13話 6/5 天上天下唯我独尊
  14. 第14話 6/15 奇想天外・天海暗躍 
  15. 第15話 6/25 時間厳守。守れぬ者は馬鹿を見る。
  16. 第16話 7/05 狐と狸の化かし合い、女神の微笑むのは?
  17. 第17話 7/15 優雅な白鳥の足さばきの如く。
  18. 第18話 7/25 四方山話に花が咲く 
  19. 第19話 8/05 感情は勘定。計算高さではありません。 
  20. 第20話 8/15 麹の酵素の働きは、難局の突破口となる。
  21. 第21話 8/25 鳴かぬなら鳴かせて見せよう不如帰
  22. 第22話 9/5 擬態とは、敵を欺くのに宜しいようで。
  23. 第23話 9月補充分 誤りあれば、仕切り直す、それは今
  24. 第24話 10/5 決断の決めては、気を衒う事と見たり。
  25. 第25話 10/15 窮鼠猫を噛むとはよく言ったもので。
  26. 第26話 10/25 あの赤の馬印は、真田幸村で御座いますぞ!(後日談有り)
  27. 第27話 11/05 女心と秋の空
  28. 第28話 11/15 魔界に足を踏み入れる者は、自ずと魔物になる。
  29. 第29話 11/25 子は、おなごの戦国の火種となる。
  30. 第30話 12/05 後ろの正面、だ~れ。七面鳥。
  31. 第31話 12/15 花の秀頼を鬼の真田が連れて退き加護島へ
  32. 第32話 01/15 雇われ兵の「欲」は地獄を描く
  33. 第33話 2/05 戦とは勝者と敗者で、正義が変わるもの。
  34. 第34・35・36話 化かし化かされ馬鹿を見るのはだ~れ?
  35. 第37話 微笑みの裏で般若が笑う
  36. 第38話 3/5 優雅な白鳥も水面下では忙しい
  37. 第39話 3/15 眉間にしわ寄せ沽券を打ち砕く
  38. 第40話 3/25 思い付きの脈略、それが記憶
  39. 第41話 4/05 虚偽・偶像も見慣れれば本物に思えるもの。
  40. 第42話 4/15 四方山話に花が咲きすぎ枝見えず
  41. 第43話 4/25 川の流れのように思いを受け止めよ
  42. 第44話 5/15 妄想、奇想、四方山話の如く
  43. 第45話 5/25(差替) 本性隠して鬼となれ
  44. 第46話 6/05(差替) 今宵は得体の知れない日になるようで。
  45. 第47話 6/15 人を育てるは、農作物を育てるに似たり。
  46. 第48話 6/25 摩訶不思議な転生も付き続ければ実となるもの。
  47. 第49話 7/05 暗ければ、文句より進んで明かりを灯せ。
  48. 第50話 7/15 隙は、搾取と呪縛の根源となる。
  49. 第51話 7/25 人が夢を見ると書いて儚い読む
  50. 第52話 8/05 不穏な空気は、隠蔽しても臭うもの。
  51. 第53話 8/15 コンフィデンスマン?に翻弄され、生きた心地が…。
  52. 第54話 8/25 僧侶が言う魑魅魍魎とは?
  53. 第55話 9/05 怠け者を鍛え直す鷹狩とは?
  54. 第56話 9/15 闇将軍と女狐。見えぬ処で火花を散らす。
  55. 第57話 9/25 掌握術は、命ずることなく、考えさせよ、だ。