探求大都市のマリー

作者 葛城2号

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全54話

更新

  1. 一章:第1話 プロローグ
  2. 第2話 「彼」、改め、マリー
  3. 第3話 娼婦を名乗る娼婦らしくないやつ
  4. 第4話 娼婦館「ラビアン・ローズ」
  5. 第5話 白と黒の即席チーム
  6. 第6話 何事も準備は大事
  7. 第7話 ビギナー・体験
  8. 第8話 決戦日・通過儀礼
  9. 第9話 残酷なれど、これもまた掟なり
  10. 第10話 帰るまでがダンジョン
  11. 一章:エピローグ・マリーと娼婦たち
  12. 第二章:第一話 何事も、先立つものが……
  13. 第二話: 女の意地
  14. 第三話: 口調が怪しい謎の女()
  15. 第四話: よく分からない戦い、よく分からない決着
  16. 第五話: 時を渡り歩く魔女(サララ「糞ババァでいい」)
  17. 第五話: 帰りを待つ者たち
  18. 第六話: 誰が悪いのではないと、そう、イシュタリアは答えた
  19. 第七話: 難題は何時も唐突に
  20. 第八話: そう簡単に事は運ばない
  21. 第九話: 体の切れ目が縁の切れ目とは限らない
  22. 第十話: どんな紳士であろうと、玉を狙ってはいけない
  23. 第十一話: 女の意地 男の意地
  24. 第十二話: マリーの清らかな心に、傷一つ
  25. 二章エピローグ: 上には上の、下には下のルールがある
  26. 第三章:第一話 狩猟者マリー
  27. 第一話: まあ、そう思うのも無理は無い
  28. 第二話: 果たしてアレは少女なのだろうか?
  29. 第三話: ―――――南の森(討伐難度D)―――――
  30. 第四話: マリー『一番酷かった寝相はこちらに尻穴を見せつけるような体勢で――』
  31. 第六話: ある種の恒例である
  32. 第七話: こうやって稼ぐのだ
  33. 第八話: 亜人
  34. 第九話: 食わねば死ぬ、それは人も亜人も変わりなく
  35. 第十話: 仄暗くも、その眼は曇ってはいなかった
  36. 第十話: 亜人は考え続ける
  37. 第十一話: 鈍いのが悪いのか、回りくどいのが悪いのか
  38. 第十二話: 平穏な一幕
  39. 第十三話: 動き出す、あるいは蠢く思惑
  40. 第十四話: 忍び寄る足音、目を背ける人々
  41. 第十五話: 異変に気付く者と、無視する者
  42. 第十六話: 予感、あるいは予兆
  43. 第十七話: 今、襲い来る
  44. 第十八話: 死への旅路、運命の分かれ道 ※注意
  45. 第十九話: 外れた歯車は噛み合うことなく ※注意
  46. 第二十話: 過去を見つめる者 今を見つめる者 ※注意
  47. 第二十一話: 神の獣と呼ばれた怪物 ※注意
  48. 第二十二話: 剣が通じない? なら(ry ※注意
  49. 第二十二話: 静かな決着・静かな疑問・静かな想い ※注意
  50. エピローグ その1
  51. 第三章: エピローグ その2 注意
  52. 四章第一話:プロローグ・忘れ去られた者たち……
  53. 第一話: 見知らぬ客
  54. 第二話: けして、頭が悪いわけではない(強弁)