銀河の果てからの、ただいま

作者 葛城2号

453

167人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初の方は単純に異種族間の辿々しい触れ合いにほんわかとしていました。最初の方だけ。
しかし、互いの無理解による決別からの流れも最初に会った彼との最後も、それとなく示唆されていた結果になったと思います。うーん。どっちにしても好き。