ロワールハイネス号の船鐘

作者 天竜風雅

海を渡る壮大な海洋ファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

新米艦長のシャインと彼の船に宿る精霊ロワールと、彼らの周りの人々の、確執と因縁から繰り広げられる物語です。
シャインに次々に降りかかる試練や育った環境がなかなかに辛く、ずっと寄り添って読んでいる分どうなるのか終始ドキドキしていました。
登場人物みんな個性的でそれぞれの人物味があり敵も嫌いになれない。
事が事だったこともあり解決したから終わりで終わらなかったシャインの葛藤は本当に彼らしかったです。
読了後は映画のシリーズを見終えたような達成感でした。
一章から面白いのですが、本格的に物語が展開しはじめるのは二章からなので、これから読む方はぜひまず二章まで読んでほしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 青い海と空、船首が切る波の音、鼻腔をくすぐる潮風の匂い。大きな船というのはなぜこうもワクワクさせられるのだろう。現代のフェリーであれ、大航海時代の船であれ、船に乗るという行為そのものが遠くの地へ行… 続きを読む

いうら ゆうさんの他のおすすめレビュー 316