夢を描くことは罪ですか?

作者 お休み中の齋藤瑞穂

壁と鉄条網

  • ★★ Very Good!!

 読んでいて、何枚かの写真を思い出した。百年ほど前のアメリカ合衆国で、ルイス・ハインが撮影したものだ。
 同国で児童労働が禁止されたのは1938年である。ハインが撮影したのはその数十年前だ。虚ろな顔をした、十代にもならぬ子供達が胸を打つ。
 翻って、本作で描かれる紡績工場も子供(や、社会的弱者)を文字通りに搾取している。本作には事実を暴露するジャーナリストなど存在しない。主人公達が全てを解決せねばならぬ。
 彼等が理不尽さの権化をどう乗り越えていくのか。詳細本作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,405