夢を描くことは罪ですか?

作者 お休み中の齋藤瑞穂

絶望的な状況も「夢」は変えることができる。前を向いて動いた先にある未来

  • ★★★ Excellent!!!

あの有名な収容所にたとえられるほどの凄惨な労働環境。
その中で、ある偶然の出会いが少年たちを前へ進ませた。

夢を持つことを禁じられた世界で、夢を持った少年。
小さな少年の世界を支配していた絶望をも、少年の「夢」は突き動かしていく。
二人の少年の語らいが、作品を希望ある明るい世界にしてくれます。

シンプルなストーリーラインの中に、大切なテーマが凝縮されているのを感じます。
後味爽やかなハッピーエンド。おススメです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 617