第6話 シンデレラ、眠り姫を起こして幸せになる

 茨の間を抜けて城の塔を駆け上がると、そこには金髪の美しい姫が糸車の横で眠っていました。


貴方あなたの運命の女性です」

 シンデレラに促され、王子が姫の頬を優しく叩くと姫はゆっくり瞳を開けました。昏睡とかじゃなくて寝てただけなので。


 見つめ合う二人に気を利かせ、シンデレラはそっと廊下へ出ました。心優しい王子は魅力的ですが、二人の幸せを邪魔する野暮はいけません。扉を閉め、嬉しい気持ちに微笑んで、膝を抱えて扉に背を預けます。


 ガチャ

「いだっ」


 急に扉が開き、シンデレラの体は扉ごと後ろへ崩れました。しかし頭は硬い床の代わりに柔らかな衣に当たります。王子の脚でした。


「どうなさいました」

 頭をさすりつつ振り返ると、王子は顔に手を当て悲痛な面持ちで話し始めました。


「彼女の知識は百年前のままです…自国の王制が滅したことも、政治情勢も貨幣価値もわからず、言葉遣いまでもがすでに廃れた昔のものです…」


 王子の声にやるせなさが滲みます。


「もし私が彼女を妻として公に出たら…立場上、妻の時代遅れな知は他国にあざけられ民の信を失い、何より彼女自身を不幸にしてしまうでしょう…」


 なんと魔女はとんだ不釣り合いな相手と運命の糸を繋いでいたとは。

 シンデレラは自分の案内がこんなに思慮深く優しい王子を苦しめたと思うと、何とか彼を助けたいと、胸が痛くなりました。


 すると王子は彼女を抱き起こし、真摯な瞳を向けました。

「私には貴女のように機転の利く勇敢な女性が必要です。どうかずっと私の側で、奥の姫も民も幸福にする力を貸してくれませんか!」


 いつしか王子の誠実さに惹かれていたシンデレラは、今まで経験のない胸の鼓動と頬の熱さを感じ、王子の手に手を重ねて強く頷きました。


 *


 そういえばシンデレラの国の王子はどうしたかって?

 魔女にお茶に誘われ、無為に時間を過ごしておりました。


 シンデレラの様子を水晶で見た魔女は、眠り姫の元に来たのが運命の相手でないことに気付き、茨が王子に道を開けなかったのはそのせいかーと納得です。


 世間知らずの眠り姫には俺様な人が合うかもと、シンデレラの国の王子とのお見合いを考え中とか。



 めでたし、めでたし。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

シンデレラ・ストーリー another 蜜柑桜 @Mican-Sakura

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ