眠れぬ夜には、恋歌を

作者 羽鳥さぁら

97

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


      白銀の世界の中。
      ケモノが一つの華のように力強く、佇んでいた。
      それは、雄雄しく、しかし優しく。
      彼女を見つめていた―――。
                             』
 "魔物”と”彼女”との関係を明かすとそんな感じでしょうか。中々、心温まる物語を僭越ながら御礼申し上げます。

★★★ Excellent!!!

本作で多用される詩的で優雅なレトリックの数々は、幻想的な世界観と溶け合って一つとなり、キャラクターの純粋で真っすぐな想いを余すところなく我々の心に伝えます。
それはまるで印象派の描き出す風景画を思わせるような繊細な筆致。
どこかあやふやでありながら、どこまでも真実であることを我々に予感させます。
六千字という短さも、できる限り無駄を省いた結果としてであり、物足りなさは一切ありません。
むしろその分純度が高まっており、シンプルかつソリッドな読後感を得られることは、間違いないでしょう。

★★★ Excellent!!!

 一文一文が宝石のような作品です。この世界観が好きなこともありますが、静かな夜にゆっくり読みたいお話です。
 人間と魔物の出会いから物語は始まります。互いの価値観やあり方、持っている時間も違う二者が互いを同じだと思い、惹かれ共にあろうとする姿は美しいです。
 華々しく絢爛豪華なファンタジーではありませんが、雪のように静かで無垢な美しさを求める人にはきっと楽しんでもらえると思います。

★★★ Excellent!!!

孤独にうちひしがれた少女と、孤独を受け入れた氷狼。
凍てつく世界で奇跡のように出逢い、そして……。

ふりつもる雪のように静かに綴られる物語。
その中に焚き火のような優しいぬくもりと慈しみが織り込まれています。

冬にこの物語を見つけられたあなたは幸運です。
あたたかい飲み物を用意して、ぜひゆっくりとご覧ください。

★★★ Excellent!!!

人に受け入れてもらえない少女。
人の為に人から距離を置いた獣。

その両者が、優しく交わり。
そして、恋に至る話です。

恋に落ちる、ではなく。至ったのです。

そして、その熱を。冷ますことも覚めることもなく……。


短編ゆえ多くは語れませんが。
どうぞお読みくださいませ。

★★★ Excellent!!!

以前から読ませていただいてから、とても好きな作品です。

主人公の少女が絶望を抱えて出会った氷の魔物に恋をするお話。
人と生きる場所も時間軸も違う魔物は、果たして少女とどのような結末を迎えるのか。

ぜひぜひ読んでみてください。

個人的に魔物の氷狼さんが好きです。
もふもふ。
わんわん。