ちょっと身体と喧嘩しまして

作者 千鳥すいほ

生首だから怖そうって?とんでもない!!!

  • ★★★ Excellent!!!

生首。想像するだけで恐ろしく、なんだか自分の首が痛くなってくるような、
とにかくホラーにはつきもの。そんなものがテーマの、この小説。

冒頭を読んだ瞬間、確信しました。これはホラーではない、コメディだと。
どんなにホラーが苦手でも大丈夫です。問題なく、実に楽しく読むことができます。

明るく、実に爽やか。文体や登場人物がそんななので、読む側も実に楽しく、面白おかしく物語に入る事が出来ます。
生首が出てきているのに、そこにいるのが生首だと思えない程、ホラーな雰囲気は0です。

笑いながら、サクサクと読んでいくことができると思います。そして迎える最終話にて、はっと息を飲む事でしょう。
なぜ、生首になってしまったのか。なぜ、身体と喧嘩してしまったのか。
その訳に、真実に、きっと涙ぐみながら読んでしまうこと請け合いでしょう。

ほろりときて、ラストのエンドにほっと一安心して良かった…とほっこりして、からの不意打ちに、思わずずっこけてしまいました。そんなオチが!と。

気軽に読めるのに、とても大切な事を教えてもらえる、そんな小説です。
コメディ、もしくはラブコメを求めている人。あるいは、自分を探している人。
ぜひとも、一度読んでみてくださいませ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

星野 ラベンダーさんの他のおすすめレビュー 225