ちょっと身体と喧嘩しまして

作者 千鳥すいほ

137

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

よくある映画のキャッチコピー的なことを書こうとして何もうまいことできませんでした。
たぶんこれも私の頭と体が喧嘩した結果だと思います。
頭の中にあふれる感情を言葉にするのって難しいですよね。どうしてこの指はこの作品のすばらしさを伝える文章をタイピングすることができないのか……

だってまさかこのタイトルからそういう話になるとは思わないじゃないですか?
でもすっごい「あー」って納得できるじゃないですか?
もうほんと「あー」ってなって最終的に「よい……」ってなるんですよ。わかりますか。
短い中にここまでのドラマやしっかりとしたテーマが込められていることに脱帽です。
もうほんとなんかこうアレ。
つまり素晴らしい作品です……

★★★ Excellent!!!

生首。想像するだけで恐ろしく、なんだか自分の首が痛くなってくるような、
とにかくホラーにはつきもの。そんなものがテーマの、この小説。

冒頭を読んだ瞬間、確信しました。これはホラーではない、コメディだと。
どんなにホラーが苦手でも大丈夫です。問題なく、実に楽しく読むことができます。

明るく、実に爽やか。文体や登場人物がそんななので、読む側も実に楽しく、面白おかしく物語に入る事が出来ます。
生首が出てきているのに、そこにいるのが生首だと思えない程、ホラーな雰囲気は0です。

笑いながら、サクサクと読んでいくことができると思います。そして迎える最終話にて、はっと息を飲む事でしょう。
なぜ、生首になってしまったのか。なぜ、身体と喧嘩してしまったのか。
その訳に、真実に、きっと涙ぐみながら読んでしまうこと請け合いでしょう。

ほろりときて、ラストのエンドにほっと一安心して良かった…とほっこりして、からの不意打ちに、思わずずっこけてしまいました。そんなオチが!と。

気軽に読めるのに、とても大切な事を教えてもらえる、そんな小説です。
コメディ、もしくはラブコメを求めている人。あるいは、自分を探している人。
ぜひとも、一度読んでみてくださいませ。

★★★ Excellent!!!

タイトルも魅力的だけれど、なにより最初の三行が良い。

 うららかな春の夜、郵便受けに生首が入っていた。

「こんばんはお嬢さん! いい夜ですね!」

 しかも喋った。無駄に爽やかな声で。

この三行の時点で、すでに既存のラブコメ、ホラーな設定を飛び越えてしまっている。

面白くないわけがない。

下手に扱えば出オチで終わりかねないこの設定を、中盤、終盤、さらには重くなりがちなテーマさえも混じえながら上手く昇華させきっているのだから、本当に見事。

ジャンルにとらわれない発想や、テーマの時代性から、新時代の波をフツフツと予感させる。

こういった作品に出会うと、あー、ワクワクが止まらない。



★★★ Excellent!!!

郵便受けに生首が入っていた。
と、ここまでの設定では完全にホラーですが、ホラーでは全くありません。
ジャンルとしては恋愛と現代ファンタジーかな、と思います。

タイトルの『ちょっと身体と喧嘩しまして』と「生首」のみである理由がわかった時、あっ! と驚くこと間違いなしです。

設定も結末も素敵な作品でした!

★★★ Excellent!!!

うちのポストももっと大きかったら、こんなふうにすてきな同居首が入っていてくれたのかなあ。

郵便受けに入っていた生首は、生の首なだけあって、腐らず、鮮度もよく、活きが良い。
だけど最後にはちょっと水臭い……かと思わせておきながらやっぱり鮮度は良好のようです。

人生いろいろあるもの、身体を投げ出したくなったり、頭を放り投げたくなったり、時にはそういうこともあるよねぇ。

彼らはそんな人生を、それぞれなかなかうまくやっているのではないかな、と思いました。

転職(職?)するのも、それもまた人生。私もポストを大きくしてみようかなあ。

★★★ Excellent!!!

 ある日、自宅アパートの郵便受けに、生首が入っていた。しかもイケメンで、性格は紳士的で好意的。貴方なら、どうする? 主人公は自宅にその生首を、勢いで自宅に入れてしまった。そして始まる奇妙な生活。しかも生首は、主人公よりもその土地に詳しい。だから、AIスピーカー並みに、話しかければ、的確に周辺情報を教えてくれる。
 「近くに本やある?」
 「大学の近くに深夜までやってる本屋があります」
――、こんな感じ。
 生首は行かなければならない場所があるはずだが、思い出せないらしい。徐々に生首との生活に馴染んでいく主人公。しかし、別れは突然訪れる。
 そして、第3話で、がらりと物語の印象が変わる!
 設定はホラー的だけど、れっきとしたラブコメだった。
 読みやすい文章で、意外性も抜群だった。

 是非是非、御一読ください。

★★★ Excellent!!!

いいですね。とても好きです。
この短い文字数でここまで濃く仕上げられたなあと感心しかありません。
もっと色々と間にエピソードを挟んでもいいのかもしれませんが、この尺でも十分だと思います。いいえこの方が好きです。
オチもとても爽やかで、扱っているテーマに引っ張られないのも好きです。どうしても重くなるテーマだと思うので、いい軽さだと思います。

★★★ Excellent!!!

普段であれば、冒頭で「この作品はどんな内容なのか」というあらすじを書くのですが……。

続いて、この作品の素晴らしさを書くのですが。

そんなの必要ありません。

読んで。
それだけ。
そして、タイトルを改めて見て!

取り扱っているテーマは深いのに、なんだろう。この軽やかな読後感。
短編ですから、そんなに時間を取らせません。ぜひぜひ、ご一読を!!

★★★ Excellent!!!

ある日、郵便受けを覗いてみたら見つけたイケメンの生首……。
そんなシーンから始まる物語ですが、あらすじの通り決してホラーではありません!(大事)
ちょっとチャラいイケメン生首は気配り上手なうえにネイルだってお手?のもの。地元に詳しく、引っ越したばかりの主人公を助ける様はまるで新種のスマートスピーカー。軽快なテンポで進む物語も、ただただ明るいだけではなく……ぜひ物語の顛末をその目で見届けてください!

★★★ Excellent!!!

状況は限りなくホラーなのに、可笑しくて切なくて胸がキュンとなる素敵なラブコメ。

一人暮らしを始めたばかりの大学生のナオの部屋に、文字通り「転がり込んできた」生首のカオル。
いつしか馴染んでしまう二人(?)のやりとりの可笑しさに加えて、それぞれのかかえる悲しみが物語の奥行きを深くします。

ラストで「ええっ!」と叫んでしまいました。
最高に面白かったです。

★★★ Excellent!!!

ある日。
郵便受けに入ってた爽やかなイケメン生首。

あれおかしいな? 全然ホラーじゃないよ? むしろジャンルは「恋愛」だよ??

【郵便受けから始る、イケメン生首とのコミカルなラブストーリー】

あらゆる要素のインパクトが、すごい。
しかも、めちゃくちゃ面白い。

まずは、読んでみてください!
最後の最後まで、じっくりと。