桶屋の市松 魔殺行~エド・オブ・ザ・デッド~

作者 筑前筑後

確かな筆致によって紡がれる時代小説 × ゾンビ!

  • ★★★ Excellent!!!

 作品世界はシンプルにして広大。
 一つ一つの文章は研ぎ澄まされた刃のように洗練され、短い中にも絶妙の味わいが封じ込められている。
 小気味好いテンポで紡がれる戦闘描写は、一瞬の命のやり取りを緊張感といくばくかの寂寥感を持って表しており、余韻すら感じさせるほど。

 読み終わって、これが5000文字足らずの短編であることに改めて気づき、その濃厚さに驚愕した。
 物語の締め方にも痺れる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

澤田慎梧さんの他のおすすめレビュー 382