桶屋の市松 魔殺行~エド・オブ・ザ・デッド~

筑前助広

本編

 上州新田郡じょうしゅうにったごおり。乾いた風が吹く季節だった。

 砂塵舞う、長い一本道の先の先。

 百姓風の男女数名が、その真ん中でうずくまり、小刻みに動いている。


(天下の往来で、迷惑な野郎共だ)


 と、三度笠のひさしを上げ、市松いちまつは思った。

 それでも、市松は歩みを止める事はない。この道の先にある、九郎原くろうばる宿で、急ぎの仕事ヤマが一つ待っているのだ。

 空っ風が吹き、道中合羽が風に靡く。腰に差した大刀の朱鞘が覗いた。

 市松の身分は、町人である。町人が大刀を佩く事は禁じられているか、今やそれを咎める者はいない。それどころか、勝手に〔仙田〕という姓も名乗っている。それについても、咎める者はいない。身分や法度など何の役にも立たない時世になっているのだ。

 近付くにつれ、血が臭った。肉が腐ったような、酷い臭気もある。

 蠢く百姓の中から、一人の男が顔を上げた。


(へぇ)


 市松の右目尻が、微かに動く。

 その男の口の周りには、夥しい血。口一杯に何かを詰め込み、品性の欠片もない咀嚼を見せている。

 顔がこちらに向いた。その瞳は白濁し、黒目は殆ど白目と同化していた。

 もう一人。女も市松に顔を向けた。この女も、血だらけだった。そして、手には何かの腸らしき物を握りしめている。

 人が人を喰っている。

 素人はそう思うだろう。しかし、それが人ではないという事は、その道の玄人くろうとである市松にはすぐにわかった。

 屍喰しばみ。江戸を放棄し、奥州へ逃げた幕府がそう呼んでいる、妖鬼の一種である。

 屍喰の一団が、ふらふらと立ち上がった。そして、ゆっくりとした足取りで、こちらに向かって来る。


「新鮮な方がうめぇよな、そりゃ」


 市松はやれやれという感じに、腰の大刀を抜き払った。

 榊国秀かしわ くにひで。直刀に近いほど反りが浅く、幅広な剛刀である。

 この刀は、曾合そごう流剣術を市松に授けた、小菅忠右衛門こすげ ちゅうえもんの愛刀である。

 小菅は妖鬼との争いで命を落としたが、その仇を討った市松に小菅家より遺刀が与えられたのだ。今から二年前。市松が二十五の時だった。

 屍喰。既に数歩の距離にまで迫っていた。両手を伸ばす。


「おめぇさん、俺を喰いてぇか」


 そう言ってみた。当然、返事はない。屍喰に、ものを考える頭は無いのだ。

 屍喰の指先。爪が剥がれて無かった。それがはっきりと見える所で、市松は下段から両腕を跳ね飛ばした。

 屍喰が、不思議そうに首を傾げる。その顔に、市松は返す刀で一撃を叩き込んだ。

 感触は熟れた柿。刃にかかる抵抗は殆どない。屍喰は腐っているのだ。

 頭部から胸の所まで二つに断たれ、屍喰はゆっくりとたおれた。


(一匹なら苦にはならねぇんだがな)


 生憎、屍喰は六匹だった。野良屍喰か。思考能力の無い屍喰は、足軽として使役されている事が多い。

 統率しているのは、魔人と呼ばれる〔かつて生きていた、名のある者〕か、その手下でも知恵を持つ妖鬼なのだが、その姿は無いようだ。つまり、この屍喰は野良。

 市松は、三度笠そして道中合羽と順に止め紐を解くと、榊国秀を手に勇躍。瞬く間に屍喰の首を六つ刎ね飛ばした。

 一息だった。動きが鈍い屍喰相手には、容易い事である。彼らの怖さは数であり、一匹一匹だとそこまでの脅威ではないのだ。

 だが、その首も生きている。屍喰は脳を潰さない限りは、その動きを止めないのだ。現に今も、肉を喰らおうと口を忙しなく動かしている。

 故に、市松は首の眉間一つ一つに、刀を突き刺した。これが、大人の配慮というものだ。歩いている最中に、転がっている屍喰の首に足を噛まれるというのは、珍しい話ではない。続いて、食われていた残骸の傍に立った。男。わかるのはそれぐらいだ。もう、肉塊と化していて面相も定かではない。市松は片手拝みにして、頭蓋に榊国秀を叩き込んだ。これが、死者に対する礼儀である。何故なら、死んだ者は四半刻後には屍喰に変化するのだ。


「さて……」


 と、市松は食われていた者の懐を探る。食料、或いは武器を持っていれば儲けものだが、特に目ぼしいものは無い。よく見れば、両手・両足を縛られている。身ぐるみを剥がされた状態で、捨てられたのだろう。或いは、屍喰の追撃を躱す為に捨て駒にされたのか。最近は、人間同士の諍いも多くなっていて、縄張や食料を奪い合う争いも頻発しているという。

 嘆息し、市松は榊国秀を収めた。


「ったく、面倒な世の中になっちまったぜ」


 全ては、天明八年六月二十四日に始まった。

 壇ノ浦に生じた、大きな渦から〔あのお方〕と呼ばれる妖鬼の親玉が現れ、この世を阿鼻叫喚の地獄に陥れたのだ。


魔導維新まどういしん


 生ある者も生なき者も、その日の出来事をそう呼ぶ。

 魔によって、これを新たに導く――。

 そんな意味だという。それ以外の事は、よくわからない。市松が知るのは、魔導維新の震源地たる壇ノ浦が、今や〔無間むげん〕と呼ばれる妖鬼の根城になっている事と、〔あのお方〕が魔導維新完遂の為に召喚した魔人が〔かつて生きていた、名のある者〕だという事だ。一部の噂では、魔人にはある共通点があるらしい。去年、屍喰に喰われた相棒は、


「源氏や幕府に憎しみを抱いて死んだ者ばかりらしい」


 と、言っていたが本当のところはわからない。今まで市松が斃した魔人は、古田重嗣ふるた しげひろ新田義興にった よしおき、そして山県大弐やまがた だいには確かにその共通点に合致するが、それが偶然かもしれないし、それがわかった所で魔導維新の完遂を食い止める手立てにもならない。

 兎角、市松は生き残る為に戦ってきた。戦いに戦いを重ね、気が付けば妖鬼退治を生業とする、〔狩り師〕となっていた。

 天明八年六月二十四日のあの日。魔導維新が無ければ、自分は刀など手に取らず、江戸の片隅で、ひたすら鑿で桶を削っていたであろう。そして妻のおせんも、娘のちづも死ぬ事はなかった。


◆◇◆◇◆◇◆◇


 九郎原宿が燃えていた。

 黒煙が、天に向かって上がっている。市松は何事かと宿場へ足を踏み入れたが、そこに住まう人々は、今や屍喰どもの餌となり果てていた。

 人間はひと固まりにされ、大量の屍喰に喰われているのだ。肉を食む咀嚼音だけが静寂の中で響き、流石の市松も身の毛がよだつのを覚えた。


(遅かったか……)


 市松は、九郎原宿の名主から呼ばれていた。宿場を魔人の手から解放する為、それらを倒す叛乱に加わって欲しいと。それが今回の仕事ヤマだったのだ。報酬は銭の他に食料、そして女だった。

 だが、この惨状を見る限り、叛乱の計画が露見し制裁を受けたのだろう。魔人共にとって、人間は奴隷であり、家畜であり、財産であり、食料だ。このような殺戮は、余程の事がない限りする事は少ない。


(こうなりゃ、長居は無用だ)


 魔人の支配地域は、危険が多い。仕事ヤマでも踏んでいない限り、さっさとお暇願いたい場所である。


「おい」


 踵を返した市松は、何者かに呼び止められた。


「もう帰るのか?」


 男の声。振り向くと、直垂の上に艶やかな錦の陣羽織を羽織った男が立っていた。


「狩り師の仙田市松。〔桶屋の市松〕と呼ぶべきか」


 男は若い。そして、美男子と読んでもいい顔立ちだ。市松には軟弱に見えるが、女はこうした顔立ちが好きなのかもしれない。


「俺も有名になったものだ」


 そう言うと、男がわらった。

 瞳の色。赤。


「魔人か」


 男が頷く。


「当地を統べる、魔人将軍・木村長門守きむら ながとのかみ重成しげなりである」


 この男も、名のある者なのだろう。浅学な市松にはわからないが、魔人将軍と名乗っている。魔人の中でも、〔あのお方〕から特に信頼された者は魔人将軍の称号を得るという。


「親分さんがいきなり登場とはな」

「我が領地で叛乱の企てがあると聞い及んだ。〔あのお方〕にお預かりした大事な土地で、斯様な真似は看過できぬ」

「それで、この惨状か」


 市松は、さりげなく三度笠と道中合羽を脱ぎ捨てた。


「他の領民への見せしめが必要でな」

「〔あのお方〕はこんな真似を望んじゃいねぇんじゃねぇのかい?」

「笑止。貴様に〔あのお方〕の何がわかる?」

「聞く話によりゃ、魔導維新というのは、この国と民をよい方向に導く為と聞いたぜ。それともお前達のお題目は、嘘っ八か?」


 重成の顔がどんどん赤くなる。どうやら、この重成は忠誠心は厚いが、単純で短気なようだ。いつの時代に何を為した男なのか、市松は知らない。だが、生前この男の家臣だった者は、さぞや苦労した事だろう。


「おのれ、人間の分際で」

「人間様だぜ、人間もどき。あそこで恐れ多くも人間様を喰っている屍喰を呼ぶかい? おお呼ぶだろうな。お前さんは、叛乱を恐れる臆病者。俺に一対一を挑む度胸はなかろうぜ」

「魔人将軍たる私に対し、数々の暴言を。もはや許せぬ。貴様を殺した後、毛一本残さず喰ろうてやろう」


 重成が太刀を抜き払い、八相に構えた。市松も、榊国秀を抜く事でそれに応えた。

 重成の闘気は、既に爆発している。潮合いを読む必要は無い。

 市松は、細心の注意を払いながらも、大胆に踏み込んだ。

 横凪ぎの一閃。しかし重成は、それを宙に舞う事で躱した。その動き。人間には為せぬ、魔導の動きであった。だが、市松は冷静だった。魔人はこれまでにも斃したし、伊達に〔桶屋の市松〕として名を馳せていない。

 頭上から、刃の光。殺気が爆ぜる、一撃。迫る。しかし、市松も榊国秀を奔らせた。

 倒れたのは、重成だった。


「おのれ……」


 重成は、その身体を二つにされてもなお、這って市松に挑もうとしている。


「お前さんのその根性、凄ぇな」


 市松は、右頬の傷を親指の腹で拭った。


「許せん。私が、魔人将軍の私が……人間風情に……」

「魔人じゃなきゃ、友達になれたのかもな」


 重成はついに力尽き、灰となって消え去った。


◆◇◆◇◆◇◆◇


 重成が斃れると、ひと固まりになって人肉を貪っていた屍喰達が、おもむろに立ち上がった。

 目が合う。屍喰は、主人の死に怒るように咆哮した。


「おっ、こいつはやべぇ」


 市松は、三度笠と道中合羽を拾い上げると、一目散に駆け出した。

 宿場の門。駆け抜ける。が、そこには大量の屍喰が待ち構えていた。


「へっ。本当に面倒な世の中になっちまったぜ」


 そう苦笑した市松は、榊国秀の刃を首に当てるか、このまま切り抜けるか、少しだけ考えた。


〔了〕

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

桶屋の市松 魔殺行~エド・オブ・ザ・デッド~ 筑前助広 @chikuzen

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ