そこにいる猫

作者 あきのななぐさ

守護獣が欲しくなる。

  • ★★★ Excellent!!!

初めまして。猫アレルギーのどうもおれです。何でだよ!この小説を読んで猫が飼いたくなった想いはどこに持って行けばいいんですか!そんな想いを抱くどうしがたくさん現れるに違いないのです。魅力的なキャラクターたちは猫の視点からはどのように写っているのかという答えはこの小説の中に隠されています。読者は守護獣、というか猫を飼いたくなる。そのことだけは分かります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

安動直樹さんの他のおすすめレビュー 196