コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活!

作者 黒須友香

200

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品の見どころであるアクションシーンはレベッカ・キャントレルをも彷彿とさせます。しかもコメディ要素もプラスされ破壊力は倍に。

また世界中の歴史を股にかけるシグマフォースシリーズにも負けない規模感がありながら、超能力による派手な演出が読者をさらに引き込ませます。

主に主人公の視点で物語は進みますが、時折他の登場人物たちにも焦点が当たり、心情や個性が読み取れてなお美味しい。
そして読み進めていくうちに一人称効果、アンダードッグ効果も重なり、主人公に感情移入していく自分を感じられるでしょう。一歩一歩踏み締める成長にカタルシスに似た感覚を覚えるはずです。

意外性、没入感、規模感、背景描写、コメディ、そしてアクション。全て積み込んでも保たれる均衡はあっぱれの一言。
これからもこの作品から目が離せません。

超能力ものが好きな人全員に是非読んでもらいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

人の感情を色で捉える少年が踏み込んだのは、超能力者が暗躍するとびきりハードな世界だった。

主人公の所属する組織は、人身売買組織と戦っているが、一枚岩ではなく単純な正義の味方とは異なる。

敵組織のコーディという少女や、他の能力者も単なる悪人ではなく、それぞれの思惑を持って行動している。

世界を股にかけた能力者争奪戦と並行して進む、主人公の恋の行方はいかに。ラブコメ的な要素もあり、楽しめる。ご一読下さい。

★★★ Excellent!!!

疾風怒涛のエンターテイメント作品です。
アクションシーンに勢いがあって、ストーリーに爽快感があって、主人公の成長がしっかりとあって、しかも隙あらば笑わせにかかってくる。
この物語には、そんな楽しい要素が目いっぱい詰め込まれています。
ええ、文句なしにおススメ作品です。

巻き込まれ体質にして微妙な能力持ちの主人公『甲斐くん』
なにをやらせても完璧でクールな『折賀くん』
ちょっとデコボコながら絆で結ばれた二人のコンビが全世界を舞台に暴れまわります。

全世界、というのも誇張ではなくイギリス、アメリカ、アフリカなどなどまるでそこにいるかのような描写がまたすごいんです。
そして繰り広げられるアクションシーンは、まるで映像が流れているように華麗な感じなのです。
そのスピード感、能力を生かした浮遊感、ハリウッド映画ばりの派手さが実に心地いいのです。

そして何と言っても、主人公二人はもちろんのこと、脇を固めるキャラクター達の個性と楽しさがまた素晴らしい。
みんな一癖も二癖もあり、さらに人間じゃない人まで登場し、物語世界をどんどんと広げていきます。

甲斐君の視点で語られる物語はとにかく読みやすく、彼の心から漏れるボヤキはコメディーたっぷりで、クセになる読み心地。
しかも巻き込まれ体質のせいか、次から次へとびっくり展開のストーリーがつながっていきます。

とにかく作者が楽しんでいるのはもちろん、読み手を楽しませたいという気持ちがすごく伝わってくる作品です。
個人的にはアクションとコメディーを融合させるのは難しいと思っているのですが、これはすごく良いバランスで楽しめました。
というか、このバランスは本当にすごい!

ちなみにまだ連載中の作品ですが、私的にはすごく盛り上がっています。
ぜひ、今から追いかけてみてください。
面白さは保証付きです!

★★★ Excellent!!!

 あらすじには、
 >甲斐の「世界を駆けるブラックバイト奮戦記」が始まる!
 と書かれています。
 実際、物語の冒頭は
 
 >俺の肌は日本の寒風ではなく、どこだか全くわからない国の空気にさらされていた。

 とあって、「シリアかレバノンあたり」に主人公の甲斐健亮はいて、「「能力者」がテロ組織に売り飛ばされるのを、阻止するため」に奮闘しています。

 読み進めていくと分かるのですが、本当に色んな国へ行きます。
 まず、「ストーンヘンジ」のあるイギリス、イタリア・シチリア島――よりもさらにアフリカ寄りにある、ランペドゥーザ島、アメリカ・インディアナ州の州都、インディアナポリス、オーストラリア・シドニー……。
 
 凄いなぁ。
 地名が出る度に僕はスマホで検索して、こんな所かぁと思いながら読んでいました。ちょっとした疑似旅行気分です。
 オーストラリア・シドニーでコアラが出てきた時は、嬉しくなっちゃいました。
 コアラだ!って。

 にしても、本当に色んなところに行っているなぁ。
 僕も昔、高校生を対象にした学校説明会の補助スタッフというアルバイトをしていて、いろんな県の高校や文化センターみたいなところへ行っていました。
 いや、ホント、移動時間って最初は楽しいんだけど、途中からしんどくなるし、帰ってきたらヘトヘトになるんですよね。
 僕は国内でしたが、海外となると、もっとしんどいだろうなぁと思うと、自然とがんばれという気持ちになります。
 毎回、飛行機だし。
 飛行機もなぁ、結構きついんだよなぁ。
 席にもよるんだろうけど。

 という変なところで、共感して僕は「コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活!」を読んでいたので、異端な読者でしょう。
 すみません。

 ついでに言うと、主人公の甲斐健亮は途中で、女子大でもアルバイトを始めるのですが、僕も高校時代に習… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

生まれつき人の色が見える少年、甲斐。その特異能力以外はごく普通の男の子。
そんな彼が、とある少女がきっかけで、超常現象の世界へと足を踏み入れる。

手に汗握る戦闘と、守りたい人のために強くなりたいと願う心。
ドタバタしながらも、彼らの成長を応援せずにはいられない。

あなたは超能力を信じますか。
気がつかないだけで、日常のすぐそばに潜んでいるかもしれません。
ぜひ、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

超常能力を活かし「能力者捕獲」のブラックバイトに励まされる主人公。
男前で頼りになるが、ときどき暴走するのが玉に瑕、妹溺愛の相棒。
そして優しい心と絶品手料理、なにより天使の笑顔でみんなの心を鷲掴みにするヒロイン。
ほかの登場人物たちもそれぞれ魅力たっぷり、敵方まで好きになってしまいます。

主人公に次々降りかかる受難に笑わせられながらも、いつの間にか応援してしまっているのは、作者様の魅せ方の為せる技。
読んでいるうち、自分もオリヅル・ファミリーの仲間に加わりたい!と思ってしまうほど、楽しくあたたかい物語です。

★★★ Excellent!!!

国家間で行われる超能力者の囲い合戦。
彼らの背負う任務はとても過酷――でありながら、軽妙な語り口が面白くとてもするする読み進めることができます。

また主人公・甲斐くんが色を見る能力者ということもあり、頭の中に映像が思い浮かびやすく物語への没入感も十分。

個性豊かなキャラクターも多く、読んでいてとても楽しいです。
まだまだ先も長そうなのでこれからも期待しています!

★★★ Excellent!!!

コード・オリヅル~超常現象スパイ組織で楽しいバイト生活!

 本作は能力者(アビリティホルダー)と呼ばれる者たちが存在する世界で、能力者たちの調査と捕獲、管理下に置く「オリヅル」という機関に所属している主人公、甲斐健亮の活躍を描いたものである。
 主人公は、人の「色」が視える異能を持っていた。幼少期に発現し、またその力を隠すようにして過ごしていた彼は、ピンクの色が取り巻いている少女、折賀美弥と出会う。

「そこだけ春が来たかのようにあたたかなピンク色だ」

 彼女に惹かれるままにバイト先に押しかけ、その指が触れ合った時、甲斐は「黒い折り鶴」の映像が視えた。やがて美弥の兄である美仁との再会を通して、「オリヅル」に所属し、様々な機関が狙う美弥を守るべく活躍することになる。

 コメディ、シリアス、アクション、サスペンス、アパートでの生活、様々な要素をこの作品で楽しめることと思うが、特に主人公の甲斐と、彼とコンビを組む美弥の兄、美仁との友人関係が面白い。時には美弥をめぐって喧嘩をし、コンビとして支えながら戦い、そして美弥のケーキをめぐって喧嘩をする‥‥。二人が美弥の保護者として女子高に赴くなど、反目しつつも認め合う彼らの関係がこの物語に読者を引き込む大きな要素となっている。
 そして子供達だけの物語というわけではなく、子供の世話や心配をする能力者、美弥と美仁の親など見守る側の立ち位置とその理由など、多くの背景が丁寧に描写されているのもこの物語を深めている。

 主人公である甲斐はやがてオリヅル以外の多くの能力者とも関わり、能力だけでなく人として成長していく。読者には甲斐の成長物語としても楽しんで読んで欲しい。

 最後に作中で一番共感できた、在る人物の言葉を引用したい。そして読者はこの言葉に至る過程を、甲斐を応援しながら読んで欲しい。

「二人のそばにいるのがきみみたいな人で、… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

一目惚れした少女を助けた時から主人公である甲斐くんの世界は変わります。
そこから怒涛の展開に引き込まれる事を保証します

本作品の凄い所は個性的で魅力的なキャラが多く、予定外の出来事が所々に張り巡らされており、びっくりしてしまいます。
毎回ハラハラドキドキで楽しく読ませてもらっています。

自分だけで楽しむのもあれなんで、皆様におススメしたくてレビューしました。

私的には書籍化してほしい作品ですね。
ゆくゆくはアニメで見たいです。

是非とも読んでみてください

それと、
作者様のブログにはコード・オリヅルのイラストが描かれております。
ぜひ、こちらも見て欲しいです。

★★★ Excellent!!!

先天性の残留思念視能力により、視界に人間の『色』が見える主人公。
彼の名は甲斐健亮。彼が想いを寄せる少女の名は折賀美弥。彼女の兄の折賀美仁。
3人の周りに頻発していた超常現象の全貌は、彼らが或る組織に加入することで徐々に明らかになります。

世界に羽ばたく『オリヅル』という組織にて、ジャージを制服にブラックアルバイトに勤しむ少年たちの冒険譚は、とどまるところを知りません。
異能を見る者、宿す者、導く者の絆。脇を固めるキャストの個性も秀逸。

シリアスとコミカルが同居する『オリヅル』ワールドへ、是非、一緒に飛翔しましょう。

★★★ Excellent!!!

甲斐と折賀の主人公バディ、ヒロインの美弥ちゃんは勿論、
登場人物全員のことが読み進めるほど、好きになっていきます。
そう、敵は勿論、変質者扱いだった店長でさえ。

迫力のアクションが続いたかと思えばほっこりさせられ、
そうかと思えばシリアスな描写に唸らされ。

めまぐるしい展開、登場人物の多さ、
それらをしっかりと制御しきる文章力にただただ感心するばかりです。

★★★ Excellent!!!

キャラクター同士の掛け合いが楽しく、コミカルな場面ではクスッと微笑を誘われます。
ですが、それだけでないところがこの作品の魅力です。
主人公は一本筋が通っていて、仲間のために熱くなれる、純朴で伸びやかな少年です。
周りのキャラクターも優しく思いやりがあり、心通わせ合う様子が丁寧に描かれます。
一人ひとりの心情に細やかな気配りがあるのは、作者様がお優しい方だからなのでしょうね。
イラストもお上手な、多彩な作者様の感性に一度触れてみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

主人公の甲斐(カイ)は人の状態が色で見える能力を持つ。
その甲斐は能力に妥協しながら生活していたが、ある晩、突然襲われてしまう。

まず異能力物でありながら、主人公の戦闘能力は低い。
更に友人に実験台にされて酷い目にあう。
組織に組み込まれるがバイトあつかい。

バイト代をしっかり貰えているのか不安になる扱いです!

しかし甲斐にはそんなものがどうでも良くなる大切な事があります。
一目ぼれした少女・美弥(みや)。
美弥は誰からも好かれる上に料理上手で、周りに癒しを与えてくれる少女。
そんな少女の秘密を守るため、日々ブラックバイトに精をだし、人知れず敵対組織と戦い、活躍する物語です。

ボケしかしない相棒にツッコミを入れて美弥に癒され、鈍った体に鞭を打ち美弥に癒され、酷い任務に疲れて美弥に癒される。
あれ?美弥ちゃんの癒しの割合が大きいな。

ヒロイン共々、主人公の成長が楽しめる作品です。

★★★ Excellent!!!

 普通に生活していた少年2人が、能力者として機密組織オリヅルに入り奮闘する。それは2人にとって大切な少女を守るため。

 やはり少年には少女を守ってもらいたい!
 それでいてヒロインも、しっかり自分の意志を持った素敵な子なので魅力的です!

 主人公である高校生「甲斐」視点で描かれる世界は、コミカルで、時にシリアス! 普通の高校生の心の揺れ動く様に、こちらの心も揺れ動く。自分が巻き込まれた状況へのツッコミが面白い!

 その筆力は凄く、アクションシーンでも読みやすい。もう、尊敬しかない。

 そしてオリヅルという組織名がカッコイイ。センスの塊! 

 世界観が、とても都会的で洗練されているので、アニメ化でも漫画化でも良いですが、私的にはドラマ化して欲しい感じです!

★★★ Excellent!!!

主人公の甲斐さんは人の感情の「色」が見える能力の持ち主。その力のせいである日、普通のバイト生活で忙しくも平凡な日常から一転、彼に降りかかる様々な受難がその生活を大きく変えていきます。

自分以外にも多くの「能力者」が集まる組織に突如連れられ、彼はそこで世界中に散らばっている、自分のような「能力者」を保護する任務を請け負うことに。その内容は命懸けでもあり、まさしくブラックバイト。しかし持ち前の明るさやツッコミ能力(?)で、相棒である折賀さんと共に、世界中を必死に奔走します。
彼が何故そんな過酷な任務を受けることになったのか、それは折賀さんの妹である美弥ちゃんのため。彼女を守るため、今日も冴え渡るキレのあるツッコミも入れながら必死になる姿に、読んでいて自然と応援している自分がいます。

物語自体も甲斐さんの語り口調で進んでいき、またコメディタッチな部分も多くあるためとても読みやすく、次へ次へと読みたくなるようなお話となっています。また迫力があり、頭で映像が流れるような描写のバトルシーンも必見です!

★★★ Excellent!!!

色が見える能力などの特徴あるキャラたちの能力バトルものです。キャラたちが生き生きしてて、魅力的です。

折り鶴を絡めた世界観のセンス。かっこいいです。
黒い折り鶴の恐怖の描写もうまいです。

迫力あるアクションシーン満載。

ちょいちょいクスッとできるコメディ要素もあります。

まだ途中ですが、今後の展開が楽しみです!

★★★ Excellent!!!

登場するキャラクター達は全員魅力的で、ストーリーもオリジナリティに溢れていてとても面白いです。続きが気になって仕方がない優れた作品。また文章がとてもお上手で、疲れる事なく物語の映像が頭の中に入ってきます。

いつのまにかブラックな事件に巻き込まれていく甲斐くんに目が離せません。甲斐くんが明るいので、読んでいて楽しく元気も貰えます。

★★★ Excellent!!!

人の感情を『色』として視ることのできる少年・甲斐。
その能力を買われた彼は、世界に蔓延る『能力者』たちを捕獲する組織にスカウトされ、危険な任務に身を投じていきます。
バイトとして。

最初の1話を読んでまず驚いたのが、「映像の見える文章」だということ。
過不足のない的確な描写で、まるで映画を見ているかのようにシーンが再生されました。
加えて、凄まじいテンポの良さで綴られるアクションパートや会話の掛け合い。
流れるようにストーリーが展開して、読む手が止まりません。

登場人物もみんな魅力的です。
主人公の甲斐くんや、その相棒の折賀くんを始めとして、彼らの所属する『チーム・オリヅル』は一癖も二癖もある人物ばかり。
そんなイカれたメンバーを紹介したいところですが、長くなりすぎるのでとにかく本文を読んでくれ。
なお、私の推しは矢崎さんです。

本作、甲斐くんの一人称視点で進行していくのですが、その語り口がまた絶妙に軽くてイイ。
次々起こる怪現象や理不尽な仲間たちに対する容赦のないツッコミのキレが、とにかく最高です。

任務のたびに危険があり、重く昏い事情も見え隠れしますが、それをスパイスにして仕上げられた極上のコメディ・エンターテインメント。
多くの人もレビューやコメントで書かれていますが、ぜひ映像で見てみたい!
今後も更新が楽しみです!

★★★ Excellent!!!

たとえば、でっかい洋犬くんと日本犬くんが仲良くじゃれている……と思いきや、日本犬くんは思いっきり洋犬くんの尻の下に敷かれてた、とか Σ🐕
百戦錬磨の洋犬くんに果敢に挑んだ日本犬くんだけど、やっぱりワンパンチで返り討ちにされてたりとか。
だけど本当は仲良しさんの二匹♡と言いたいけど、またポカスカしてる……だとか🐶=3

そんなワンコたちにきゅんきゅんしてしまう方に、ぜひオススメの物語です。

主人公の甲斐くんは、甲斐犬のごとき一途さとけなげさと健全さの持ち主。普通の高校生だったのに、ある日いきなり「スパイ組織」カテゴリのブラックバイトに放り込まれてしまいます。
でも甲斐くんは負けてません! 持ち前のツッコミ力と愛する少女(絶賛片想い中)への想いを武器に、難題へと立ち向かっていきます。
その状況はかなり理不尽なのに、彼を取り巻く個性フルスロットルな脇キャラたちに翻弄されまくる甲斐くんが楽しくて、軽快にスルスル読んでしまうのです。

加えて重要なのが、「猟犬コンビ」の相棒、折賀くん。こちらはガゼルハウンドのごとき俊敏さ+腕っぷしを持つオトコマエ。
同い年の二人はしょっちゅう衝突し、そして大抵甲斐犬くんのほうが負けて、ポーンと殴り飛ばされたりしてるのですが。それでも一緒に走れば(鍛錬のため)すぐに仲直りできてしまうという、ワンコ可愛い爽やかコンビなのです♡

世界を股にかけて苦労を背負い込む甲斐くんが、国内外を疾走させられる痛快アクションは、まるでアニメを観るよう。鮮やかな描写と滑らかな筆致に惹き込まれること間違いなしです。心からオススメします!♪🐶🐕♪

★★★ Excellent!!!

主人公の甲斐くんとその友人折賀くんは数多くのことに巻き込まれていきます。
大切な女の子のためにブラックバイトである超常現象専門組織に所属することになるのですが、そこから新たな友情が生まれる物語であります。
大切な人を守る気持ちで読むのもよい作品です。

★★★ Excellent!!!

巻き込まれ型主人公甲斐の受難の日々、とでも言えそうな、序盤から立て続けに面倒ごとに巻き込まれる展開。
ですが、甲斐は決して泣き言を言ったり腐ったりしません。
柔軟な感性で、自らに降りかかる事柄にくまなく突っ込みを入れつつ対処していきます。その姿が笑えるやら同情を誘うやら…
勿論、毅然と事態に立ち向かう甲斐は格好良いです。

主人公甲斐の目から見た、他の登場人物達の個性の強さも魅力的です。
彼と組む折賀、主人公コンビの同僚や上司、ちらっと出てくるだけの所謂モブキャラに至るまで…個性の博覧会状態です。
そんな人々に囲まれて、甲斐が始めることになった"バイト"がこれまたとんでもなくブラックで…同情を禁じ得ません。
ヒロイン美弥ちゃんの存在が、甲斐にとっても読者にとっても一服の清涼剤(安定剤?)になるのは当然の成り行きでしょう。

これからも甲斐の行く末を笑顔で見守りたいと思います。

★★★ Excellent!!!

主人公・甲斐の軽快な語り口のせいか、お話は読みやすくスピーディーに進みます。
目の前で漫画を読む様に、格闘シーンとかも鮮やかに浮かんできます。

いろいろな「能力」を持つ人達が出てきますが、甲斐の人の残留思念や感情が「色」として見えるという設定が特殊です。
彼の能力は、そのままでは単なる人探しぐらいにしか使えません。
けれど他の能力者と組むことで、物凄い相乗効果を生むのです。

まだ序盤までの拝読ですが、甲斐と組むことになる、能力者・折賀さんがカッコいいのです。そして折賀の妹、美弥ちゃん。
彼女にほのかな恋心を抱く甲斐の想いは、通じるのでしょうか。
(折賀兄がいるかぎり、難しそうですが…)
この三人が織りなすドラマにも今後注目したいと思います。