そこにいる猫

作者 あきのななぐさ

94

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 これは守護者の物語。自ら望んで魔を滅する性を得た者の歩んだ道。

 内容に関してはここでは触れません。色々な仕掛けがあって、それを読み解くのも読書の楽しみ。奪ってはいけませんから。

 ですので描き方に関して少々。
 心情を広く描こうとすると局面が増えてしまう。普通は展開の遅さに焦れて、それを避けようと視点を工夫しようとするもの。
 でも、ちゃんと描いたほうが広がりは見える。この作者は怖れることなく難しいことを平気でやっていますね。

 だからテンポ感などと無粋なことを言ってはなりません。その深みを味わってください。

 熟成された嗜好品のような。

★★★ Excellent!!!

というわけで、もちろん病魔と戦う守護獣クロというメインストーリーがありますが、本作は日常回も毎回とても楽しくよめる作品です。

ヒロインの雫ちゃんを取り巻く最上ファミリーは何といってもお祖母ちゃん達。
これが年の功というものですねと、とても納得できます。

友人の葵ちゃん、渚ちゃんも可愛いですし、クロの彼女達に対する感情というか、欲望も何だか素直でこちらも可愛く思えてしまいます。

お話の中では、高校に入学したりの時間の流れもあり、読者を飽きさせません。
しっかりストーリーもメリハリある感じで、気が付けば次のお話を待っている自分がいます。

きっとあなたもクロちゃんに守られたくなるはず。

★★★ Excellent!!!

人は誕生と同時に病魔と闘いながら生きてきた。
守護獣は人を守護するための生きる者達。
誰しも守護獣に守られている。

――もしも自分の守護獣が、可愛い黒猫だったら……?

猫視点の会話文がとても可愛くて面白く、サクサクと読み進めることができます。

魅力的な文章と作者様の独特の世界観。
守るべき人のために自分の身を犠牲にし、守護獣が起こす奇跡の光。

丁寧に描かれた情景描写と心理描写。
無限に広がる幻想的な世界……。

どんなラストシーンが待っているのか楽しみです。


(第22話 千年守護獣のクロ 拝読後のレビュー)

★★★ Excellent!!!

初めまして。猫アレルギーのどうもおれです。何でだよ!この小説を読んで猫が飼いたくなった想いはどこに持って行けばいいんですか!そんな想いを抱くどうしがたくさん現れるに違いないのです。魅力的なキャラクターたちは猫の視点からはどのように写っているのかという答えはこの小説の中に隠されています。読者は守護獣、というか猫を飼いたくなる。そのことだけは分かります。

★★★ Excellent!!!

あなたの周りにいる猫は、守護獣かもしれませんよ。

様々な悪霊、暴徒から猫は守ってくれています。
不可思議な現代社会、何があってもおかしくはありません。
少しHなクロ猫が、少女を守ってくれる物語。

猫の感情が垣間見れて、笑えます。
猫好きにはたまらない物語ですね。

まだ物語は始まったばかり、読み始めるなら今です。
年末年始楽しみましょう。

★★★ Excellent!!!

ちょっと、なんと言うか乱暴な評価ですいません(笑)
でもあきのななぐささんが書くお話はまじで面白いんですよ。
キャラクターをコミカルにかつシリアスに表現する巧さや、読んでいて情景や空気感が伝わってきます。
まだ全部読めてませんが続きが気になってしょうがないので仕事終わらせて読みに帰ってきます⊂( ・ω・)⊃ブーン

★★★ Excellent!!!

最新話読了時のレビューです。
作品情報ではシリアスなお話なのかな? と思いましたが、
ストーリーの大部分は日常系のお話で、

千年以上生きる守護獣であるクロは偉そぶる態度をとりながらも、
下心と猫の習性に逆らえず、振り回され弄ばれる姿がなんともコミカルで微笑ましいです。
クロのキャラと猫の特性であるツンデレがいい感じにマッチしていますね。

犬や猫って、たまに「どこ見てるの?」って方向を向くことがありますが、
この作品のクロのように人間には見えない何かが見えているのかもしれません。

本題に戻りますが、クロが担当することになった病魔はどうやら予想以上に育ちすぎて手に負えなくなりそうな雰囲気で、
長年病魔に悩まされる雫の運命とともに、
今後の展開が気になります。