秘密の微熱恋愛 ~恋する人は女装令息!? それとも男装令嬢!?~

作者 ayane

137

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 教師と生徒、同性、貴族と平民などなど、作者のayaneさんが得意とする要素が詰め込まれた恋愛です。

 恋愛といっても様々あるのですが、イケメンやある程度、神様に贔屓された男女でなければ回せない話ではない所に、人同士の絆や感情を描ける作者の強みが活かされていると感じさせられます。

 読み進めて行くうちに、私は幸福について考えさせられました。

 このハードルがなければとか、この行き違いがなければとか、そういうものが浮かんでは消えていくのですが、最終的に私の中に残ったのは、それらが全てない、誰もが我慢する必要のない世界が幸福なのではなく、皆がちょっとずつ我慢すれば済むくらいの世界が幸福なのだ、という事でした。

 でも、その「ちょっと」が人によって様々で、主人公のアスターも、生徒のアリッサムも、親友のジンジャーも、皆一様に違っていて、だからこそ惹かれます。

 相手が悪いとは誰も言っていないし、自分が悪いといいだす登場人物もいない、優しい人達だからこそ掴んで欲しいハッピーエンドがあり、一気に読めます。

 簡単な一言で済んでしまう幸せが、とても難しく、だからこそ大切で、優しい物語です。

★★★ Excellent!!!

アスターとアリッサムの間には、性別、歳の差、教師と生徒、家柄の違い……と、読者にはおいしいけど切ない要素がたっぷり。真面目で誠実なアスターとかわいくて一途なアリッサムに感情移入しつつ、次、どうなるの? と、目が離せない展開にドキドキハラハラ。ええ~!そうだったんだあ、と思わせたり、作者様の裏切りは新鮮。サクサク読み進んでしまえる作品です。

★★★ Excellent!!!

セントマリアンジェ校の教師アスターは、公爵家の息子ジンジャーのはからいでアダムスミス家の別宅で暮らすようになる。

そこで、幼い頃に遊んだ記憶のあるジンジャーの弟アリッサムと再会し、美しく成長したアリッサムに心惹かれていく……。

教師と生徒、男同士というタブーな恋にブレーキをかけるアスター。

けれども、アリッサムの方は、可愛らしくアスターに接近して……。

伝わらない思いがもどかしい、せつなくて甘〜いラブストーリーです!

★★★ Excellent!!!

 ハンサムで真面目なアスターは平貴族出身ですが、教師が天職と思っている二十六歳。
 公爵子息の親友ジンジャーの別宅に間借りして、公爵領地内にあるセントマリアンジェ校へ通うことになりました。
 そこには幼い頃からかわいがっていたジンジャーの弟のアリッサムが。
 8年ぶりの再会。
 まばゆいばかりの美少年に成長したアリッサムに、思わずドキドキしてしまうアスター。
 ジンジャーの策略で別宅で秘密の同居生活が始まるのでした。
 二人の間には、教師と教え子、性別の謎、身分の差など様々な問題が立ちはだかっています。
 真面目なアスターは必死に気持ちを抑えようとしますが、アスターが大好きなアリッサムは、お構いなしにどんどん近づいてきて、二人の関係は甘い微熱を帯びた関係へ……。
 
 作者様の軽やかな筆致に、読者の私たちもキュンキュンさせられっぱなしです。
 どうかみなさまも、この恋を体験してみてください。
 



 

★★★ Excellent!!!

久しぶりに再会したアリッサムは可愛すぎる幼馴染。

アスターは奔放な振る舞いをするアリッサムに振り回されながらも、スレスレの所で自分の本当の気持ちを二重三重どころか四重五重と殻を被り、お主はマトリョーシカか! と突っ込みたくなります。
それはもうヤキモキすること間違いなしです。

でもアスターの思考も解らなくはない。
幼馴染みとはいえ、家柄の違い、年齢差、教師と生徒という関係。
もうこの際性別なんてどうだって良いじゃないの、という事も、この世の今の時代だから声に出せることかも知れません。
と、庇ってみたけれど、やっぱり……

様々な思惑に翻弄される二人。
微熱も積み重ねるとそれなりの熱量になるものです。
こちらはそんなお話。

意外過ぎる結末とある意味爽快とも言えるエピローグまで、是非、見守ってあげて欲しいです。

★★★ Excellent!!!

私が読んだ作者さまの作品は、素晴らしいものばかりですが、本作も圧巻でした。

気付いたら完読。ノンストップで最初から最後まで駆け抜ける息もつけない怒濤の展開に気が抜けません。レビューをしたためている今もなお、余韻で頭がぼんやりしています。

一言で紹介すれば、この『ひとこと紹介』の通りなのですが、モテるのに鈍感で生真面目で恋に不器用すぎる主人公教師と、生徒の小悪魔令息(!?)との煩悶が痛いほど伝わってまいります。

これだけ恋煩いの機微を上手に表現される作家様もなかなかいないと思います。
読み始めたら終わり。もう作者さまの展開する世界から抜け出せません!

ネタバレになるといけないので多くは書きませんが、ただ一言! 読んでみてください! 期待を裏切りません!

★★★ Excellent!!!

教師であるアスターは親友ジンジャーの弟のアリッサムに再開して大いに驚きます。アリッサムが妙に魅力的なのです。男なのに女性っぽいアリッサム。
このアリッサムがアスターに対してちょっかいをかけてきます。
その魅力にタジタジになりつつ「俺は男でアリッサムも男だ」と自らに言い聞かすアスター。
さて、アスターとアリッサム。
この2人の仲はどうなってしまうのでしょう。

実はこれから状況は二転三転します。
ドキドキするコメディ調の雰囲気から切ないシリアス調に。
結末は全くの予想外。

アスターのだらしなさに怒りを覚え、アリッサムの魅力にやられてしまう物語。
笑って怒って泣いてまた笑える恋愛小説でした。

★★★ Excellent!!!

男性教師のアスターと公爵家の令息アリッサムの恋のものがたり。
そう聞いて「おや? BLかな??」と思ったそこのアナタ! タグを見てみて!
『BLではありません』との表記があるんです☆

一体コレはどういう事でしょう?
一体、どんな事情があれば男性教師と公爵家の令息の恋愛がBLではないことになるのか??
ぜひ、ご自身で読んで真相を確かめてください☆

アリッサムが積極的で可愛くて、アスターの鈍感っぷりがとっても楽しい作品でした。
前半はドタバタラブコメの様相を呈しますが、後半は真相を登場人物たちが共有してトラブルが発生!
笑いあり、ドキドキあり、キュンキュンあり、ハラハラあり、そして涙あり!
沢山の感情を呼び起こしてくれる作品です☆

★★★ Excellent!!!

男性教師アスターが下宿することにしたのは、昔からの知り合いのアダムスミス公爵家の別邸。
だけどそこで再会したのは、8歳年下の幼なじみのアリッサムです。

ワンパクな男の子といった印象の強かったアリッサムですが、しばらく見ないうちに、すっかり可愛らしい美少年に成長していて。
しかもアリッサム、アスター大好きオーラを隠すことなく放ってきて、さらにはキスマでしてきて……って、ちょっと待って!

アリッサムは赴任先の学校の生徒で。その上ある事情から同居することになってしまい、学校でも家でもアリッサムに懐かれる毎日。
アリッサムは男の子、俺たちは教師と生徒。そう自分に言い聞かせるも、ドキドキが押さえきれないアスター。

教師と生徒のドキドキの同居BLもの……と思いきや。事はさらに複雑なのです。

多くを語るとネタバレになってしまいますけど、これだけは言えます。
アリッサムが可愛い! 翻弄されるアスターが面白い! 二人にはくっついてほしい!

★★★ Excellent!!!

教師であるアスターは、新しい学校に赴任すると同時に、親友の公爵家令息ジンジャーから、すむ場所として別邸を借り受けます。そこで出会ったのは、ジンジャーの弟にして、アスターにとっても幼馴染み、さらには学校では生徒となるアリッサムでした。
これだけなら、懐かしい相手との再開というだけですむのですが、なんとアリッサム、いきなりアスターにキスをして、彼への好意を告げてきます。

教師と生徒。さらには男同士。当然戸惑うアスターですが、アリッサムの行動はさらに飛躍し、女装して登校するように。
しかし、読者としてはここで疑問がひとつ。本作のタイトルに『~恋する人は女装令息!? それとも男装令嬢!?~』とあるのだけれど、結局どっち?
ですが、そんな疑問を持つくらいがちょうどいいのです。アリッサムに翻弄され、アスターの戸惑う姿を見ながら、実は○○なのではと想像する楽しみがありますから。

そして、一見自由奔放なアリッサムですが、一度その気持ちが描写されると、いかに一途にアスターを想っているのかがわかります。それはもう、アスターに、教師と生徒とか、性別とか、そんなのいいから受け止めてあげてよと言いたくなるくらい。
とはいえ、そのアスターは意外と簡単にはいかないのですよね。

性別と立場と運命に翻弄される二人。アリッサムの一途な想いは、アスターの心を動かすことができるのでしょうか?

★★★ Excellent!!!

作者様の物語は、登場人物の声が聞こえてきそうな絶妙な心理描写が大きな魅力だと思うのですが、今回の物語も心理描写が素晴らしく、展開がとても気になります。

謎めいた【ボク】アリッサムの凛とした雰囲気とは裏腹な可愛らしさと一途さ。
謎が解けない【オトナ】アスターの『なぜこんなにも⁉︎』と驚きつつも親しみやすさを感じる鈍感力。

誰もが物語の展開にドキドキしながら、アリッサムを応援せずにはいられないと思います。

★★★ Excellent!!!

 この作品を読んでいて、面白いの一言では語れません。
 こ、この続きはどうなる?と、ハラハラドキドキした内容です。
 作中では、恋する乙女?と超絶鈍ちんの男が展開するお話。
 けど、ありきたりな恋愛ストーリーもayane先生に掛かれば、こんな展開があったのか!と感じる所がいっぱい(๑>◡<๑)
 まだ読んでない方は、一度目を通してみてください。
 ズルズルと作品に引き込まれていきます。
 (私も仕事が忙しくなければ、繰り返し読んでみたい作品です)

★★★ Excellent!!!

幼馴染で8歳年下のアッサリムと同居することになった教師のアスター。
女装する可愛いアッサリムにだんだん心を奪われて……。

さすが敬愛するayane先生。大好きです!
冒頭から女装令息アッサリムのキュートで可愛い性格と、堅気なアスターのやりとりが楽しくて楽しくて。

ぐいぐい迫るアッサリム。
しかし、もうこの男どうしようかと読者が悶絶しちゃうほど鈍感なアスター。
この二人のボタンの掛け違いが秀逸で、別宅での生活と学園での様子、どちらもハラハラどきどきが止まりません。

主人公二人の物語も良いのですが、もうひとつ注目すべきはアッサリムの兄ジンジャーの恋。
本宅に連れ込んで生活している恋人の背景や関係性にも謎があり、目が離せません。

アッサリムとアスターの抱える問題、ジンジャーと恋人の事情、それらがうまく絡みあって、終盤素敵な結末となるのでは……そう妄想して楽しんでおります。
完結まで執筆頑張ってくださいー。^-^

★★★ Excellent!!!

ファンタジーな世界観の学園の中における、先生と生徒のギクシャクした恋愛小説。
というとなんだかありがちっぽく聞こえますが、おもしろいのは男の先生の方は積極的に迫ってくる生徒を美少年、つまり男子だと思っているというところ。
本当は女の子なのに子供の頃から性別を隠したまま育ってしまったが故に、女の子と間違ってしまいそうなほどの『美少年』という風に先生からは見えてしまっているのですね。
そんな美少年(と思っている)からキスされたりするもんだから、先生からしたら生徒だし男の子だし、でもめっちゃ可愛いしってことで、慌てふためくわけです。
もう読んでて終始(・∀・)ニヤニヤです。
ストーリーの流れが先生サイドと生徒サイドで交互に書かれてるのも物語を盛り上げる仕掛けの一つ!
先生サイドではニヤニヤして、生徒サイドでは切なさでドキドキさせられるのが不思議。
恋愛小説ってこんなに面白いんだなあって思わされた作品です。

とりあえず落ち着けよジョンソン先生。

★★★ Excellent!!!

男性か女性か? 探したものは違う問い。ヒーローかヒロインか物語。語るは僕。答えるのは一人だけ。もう少し売らず。
テンポはミデアムで、今までにない両面を持つキャラクターは、描くのが難しいだろう。それをクリアーしているところが特筆される。独特の世界観だが、ついていける物語。
僕は女装に興味がありますが、なかなかチャンスはありません。

★★★ Excellent!!!

こちらの物語、BLの様に見えてBLではなく、
ヒロインが男性か女性か、私達にもどちらかわかないから、さらにドキドキ胸がときめいてしまいます。

物語の世界観はなんか拝読していて、もう空気感が甘く色っぽいのです。

しかも歳の差あり、学校の先生と生徒という関係。

主人公のアスターと幼なじみであるアリッサム。

アリッサムは幼い頃はワンパク少年だったのに、男女ともに魅了する様な色っぽい少年の様な見た目になって主人公と再会をします。

振り回される先生である主人公が、
理性と本能の狭間で揺れる主人公が面白いです!

一緒に拝読して楽しんじゃいましょう?
おすすめです(*´ω`*)

★★★ Excellent!!!

アスターとアリッサムは年の差の幼馴染み同士で教師と生徒というかなりの複雑な関係です。
アリッサムが一気にアスターを攻め続けたりと一見BLものに見えると思いますが、作者様が違うというので違うのです! 物語はまだ始まったばかりですが、2人のワケアリ関係が今後とも非常に気になります。

★★★ Excellent!!!

8歳差の幼なじみであるアスターとアリッサムは、教師と生徒という立場。自由奔放なアリッサムに比べ、少々真面目な性格のアスターはタジタジです。そんな2人が織りなすストーリー。

まだまだ全ての秘密が明かされる段階ではありませんが、一番気になるのは「BLではありません」というタグ。一見BLに見える展開が、今後どう進んでいくのか見ものです!

アリッサムのグイグイ行く感じが、個人的には大好きです…!もっとアスターを困らせて欲しい!!!

ハラハラドキドキの恋愛モノが好きな人におすすめです。

★★★ Excellent!!!

アスターとアリッサムは、八歳違いの男同士(?)の幼馴染。八年ぶりに再会します。アスターは教師、アリッサムは生徒。
アリッサムはアスターにキスをしたり積極的に攻めまくります。一方アスターは及び腰です。この二人のやりとりが絶妙です。
アリッサムは何者なのか、これからその謎が明かされていくでしょう。ミステリー仕立てのこの作品、奥が深そうです。

★★ Very Good!!

面白い。途中までのレビューになることをご了承ください。
アスターとアリッサムの物語だと思います。まだ登場していないキャラがいるようなのですが、二人の邪魔をしていけないような雰囲気があります。
教師であるアスターと、生徒になったアリッサム。教師と生徒という禁断の恋! それに男であるアスターと美少年と思われるアリッサム。ふたりの禁断の恋の行方は……? 恋をしないかもしれない!
とアリッサムは謎めいてますが、どうなるのでしょうか?