「メル、愛してる」

作者 にのまえ あきら

僅か10000文字でこの完成度!作者の技量に驚きと嫉妬が止まらない!

  • ★★★ Excellent!!!

書いてみると分かるんですが、10000文字って思ったよりも短いんですよ。
少しでも無駄なことを書くとすぐに超えてしまうんですよ。
その10000文字で起承転結と感情移入できるストーリーを作って、
なおかつ他人(企画者)が考えた設定を利用した伏線を仕込むってどれだけ難しいことをやっているのかと思うと驚きが止まりません!

これ以上はネタバレになるので書けませんが、使えるものは全て使って、最後に全てを綺麗に繋げるその技量に悔しいですが嫉妬してしまいました。
ストーリーはもちろんですが、作品の「作り方」も凄く勉強になるので、
ぜひ一読することをおすすめします!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山下ひろかずさんの他のおすすめレビュー 171