水曜日のパン屋さん

作者 水瀬さら

こんなパン屋さんが近くにあったらいいのに。

  • ★★★ Excellent!!!

傷ついたり疲れた時に帰りたくなるような、心が落ち着けるような。
そんな場所があなたにはありますか?

水曜日にだけ開いている坂の上のさくらさんのパン屋さんはたくさんの人にとってまさにそんな場所なのです。
いじめがもとで学校に行けなくなった芽衣ちゃんが、雨やどりで偶然に出会ったのは、そんなパン屋さんのさくらさんと音羽くんでした。
これは心がかじかんで動けなくなっていた芽衣ちゃんが、毎日生きていくことを大切に思えるようになるまでの、優しい出会いの物語です。

寒い冬の日に、甘く暖かい飲み物にホッと心が安らぐように、優しさが心に沁みる物語。こんなパン屋さんが近くにあったなら、私も毎週水曜日は通って、食べるだけで元気が出そうなおいしいパンを買っていることでしょう。

おすすめです♪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 些細なことから不登校になってしまった中学三年生の主人公、芽衣。
 雨の日に、マスクをして傘をさし、その身を隠すようにしながら図書館に通うのが、彼女にとって唯一の、外の世界との繋がりだった。

 図… 続きを読む

かわのほとりさんの他のおすすめレビュー 433