水曜日のパン屋さん

作者 水瀬さら

世界観に引き込まれて行く、小さなパン屋さんの存在

  • ★★★ Excellent!!!

何となく目に付き、ちょっと読んでみようかなっと思っただけだったのに、気がつけばどんどん読み進み、頭の中にこの物語の世界を想像するのが楽しくなりました。最後の方になって行くと、次の話が続いているのを見て、あ、まだ話続きがあって良かったーと思うほど(笑)楽しく読ませて貰いました。この作品に出会えたことがとても嬉しいです。
高校生の身分で偉そうには言えないのですが、本屋に行っても数え切れない量の小説がありそれを見るたびに、小説家という職業は、厳しい仕事なんだなと感じます。しかし、この小説のような素敵な作品は、誰しもが書けるわけではないと思います。その持って生まれた才能と努力で磨いた小説を書く能力を更に伸ばして、素敵な小説を沢山生み出していくのを、楽しみにしています。
本当に素敵な作品を読ませて頂き、ありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「学校」の外にも世界があるということに、気付いていない少年少女は案外多い。
教室の中に居場所がないのなら、他のところでそれを見つけられたらいい。
この物語を拝読して、沁み入るようにそう感じました。
続きを読む