銃拳使いと自動人形

作者 齊藤 紅人

野心的な一作

  • ★★★ Excellent!!!

神によって刃物が無効化された世界で起こる斬殺事件。

この設定が野心的で最高に楽しいツカミとなっている。
ガンマンと球体関節人形という取り合わせもいい意味でのミスマッチ。

一人称の切り替えも瑕疵ではなく見どころとなっている。
人によっては好き嫌いが大きく分かれそうなオチなのかもしれないが、個人的には新鮮な驚きがあり満足しました。

創作論にあるアイデア構想のプロセスも合わせて読めば楽しさが深まるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

『刃物が使えないはずの世界で、斬殺死体が見つかる』という作品あらすじの時点で既に魅力的でした。
小さな町で発生した『発生するはずのない殺人事件』を、ハードボイルドチックなガンマン『ジャム・ストライド… 続きを読む

十三不塔さんの他のおすすめレビュー 162