10. 姉妹

カエデは急いでベッドから下りると、ブランケットを抱いたままバルコニーに出た。

「怖い夢を見たの・・・?」

心配そうなモミジの顔。カエデは声を上げて泣いた。

「怖かったんだね・・・」

伏し目がちに微笑みながら優しく包んでくれるモミジ。カエデはそこに母親とは違った安らぎを感じて、鼻をすんすん鳴らしながらも徐々に落ち着きを取り戻していった。

その後しばらくアンティーク・ランタンを挟んでお喋りをしたカエデは、安心するとそのまま眠ってしまった。あどけない表情で寝息を立てるカエデを、モミジは幸せそうな表情(かお)で一晩中見守っていた。


「・・・ん」

鳥のさえずりが聞こえる。

「やあ、おはよう。」

鈴を転がしたような澄んだ声。

「あ・・・」

ブランケットがかけられていた。

「お、おはよう・・・」

昨夜のことを思い出したカエデは、ブランケットを抱き寄せながらやや上目遣いでモミジを見る。

「〜♪」

モミジはすごくご機嫌だった。

その日、カエデは学校へも行かずに一日中モミジと過ごした。


「ただいま〜。」

夜になって、母親が帰宅した。

家は真っ暗だった。

「カエデ〜?」

下に人の気配がないので、2階に上がってみる。

バルコニーの部屋をノックした母親は、しかし返事がないのを見て取ると、そっとドアを開いてみた。

カエデは、一人ベッドで寝息を立てていた。

「・・・。」

音を立てないように気をつけながら、ドアを閉める。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます